仮想マシンでソフトウェアを正常に実行またはインストールするため、一時的にアクセラレーションを無効にすることができます。

このタスクについて

ごく稀に、仮想マシンでソフトウェアをインストールまたは実行しようとすると、仮想マシンが応答しない状態になることがあります。通常、この問題はプログラムの実行の早い段階で発生します。多くの場合、仮想マシンのアクセラレーション機能を一時的に無効にすることによって問題を回避できます。

この設定によって仮想マシンのパフォーマンスは低下します。 このため、プログラム実行中の問題を回避する場合以外は、この設定は使用しないでください。問題が発生しなくなったら、アクセラレーション機能の無効化 の選択を解除します。解除すると、アクセラレーション機能を使用してプログラムを実行できます。

アクセラレーション機能は、仮想マシンの実行中でも有効および無効にできます。

手順

  1. オプション タブをクリックします。
  2. 設定 リストで 詳細 > 全般 を選択します。
  3. アクセラレーション機能を無効にするには、アクセラレーション機能の無効化 チェック ボックスを選択します。