vSphere Client を使用してホストに直接接続すれば、vSphere Client マシンにアクセス可能なローカル ファイル システムから、または Web URL から OVF テンプレートをデプロイできます。

手順

  1. vSphere Client で、ファイル > OVF テンプレートのデプロイ を選択します。

    OVF テンプレートのデプロイ ウィザードが表示されます。

  2. インポート元の場所を指定して、次へ をクリックします。

    オプション

    操作

    ファイルからデプロイ

    ファイル システム内で OVF または OVA テンプレートを参照します。

    URL からデプロイ

    インターネット上にある OVF テンプレートの URL を指定します。例: http://vmware.com/VMTN/appliance.ovf

  3. OVF テンプレートの詳細ページを表示して、次へ をクリックします。
  4. 使用許諾契約書が OVF テンプレートに付属している場合は、エンド ユーザー使用許諾契約書ページが表示されます。ライセンス条件に同意し、次へ をクリックします。
  5. ドロップダウン メニューからデプロイ構成を選択し、次へ をクリックします。

    選択したオプションは、通常、メモリ設定、CPU および予約の数、およびアプリケーション レベルの構成パラメータを制御します。

    注:

    このページは、OVF テンプレートにデプロイ オプションが含まれている場合のみ表示されます。

  6. デプロイされた OVF テンプレート ファイルを保存するデータストアを選択し、次へ をクリックします。

    データストアは、ファイバ チャネル LUN、iSCSI LUN または NAS ボリュームのようなストレージの場所を抽象的に一体化したものです。このページでは、対象のクラスタまたはホスト上にすでに設定されているデータストアから選択します。仮想マシン構成ファイルと仮想ディスク ファイルがデータストアに格納されます。仮想マシンおよびすべての仮想ディスク ファイルを保存できる十分な容量を持つデータストアを選択します。

  7. 仮想マシンの仮想ディスクを格納するディスク フォーマットを選択し、次へ をクリックします。

    フォーマット

    説明

    シック プロビジョニング (Lazy Zeroed)

    仮想ディスクをデフォルトのシック フォーマットで作成します。仮想ディスクに必要な領域は、仮想ディスクの作成時に割り当てられます。物理デバイスに残っているあらゆるデータは、作成中には消去されませんが、あとで仮想マシンからはじめて書き込むときにオン デマンドで消去されます。

    シック プロビジョニング (Eager Zeroed)

    Fault Tolerance などのクラスタリング機能をサポートする、シック仮想ディスクのタイプ。仮想ディスクに必要な容量は、作成時に割り当てられます。フラット フォーマットの場合とは異なり、物理デバイスに残っているデータは、仮想ディスクの作成時に消去されます。ほかのタイプのディスクに比べ、このフォーマットでのディスクの作成には非常に長い時間がかかることがあります。

    シン プロビジョニング

    このフォーマットを使用してストレージ容量を節約します。シン ディスクの場合、入力したディスク サイズの値に応じて、ディスクに必要な容量と同じデータストア容量をプロビジョニングします。ただし、シン ディスクは最初は小さく、初期処理に必要なデータストア容量のみを使用します。

  8. デプロイしているアプライアンスに、1 つ以上の vService の依存関係がある場合は、バインド サービス プロバイダを 1 つ選択します。
  9. OVF テンプレートで指定された各ネットワークの場合、インフラストラクチャ内で ターゲット ネットワーク を右クリックしてネットワークを選択し、ネットワーク マッピングを設定します。 次に、次へ をクリックします。
  10. IP の割り当て ページで、仮想アプライアンスに IP アドレスを割り当てる方法を設定し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    固定

    アプライアンスのプロパティ ページで、IP アドレスの入力を求めるプロンプトが表示されます。

    一時的

    アプライアンスがパワーオンされたときに、指定されている範囲から IP アドレスを割り当てます。アプライアンスがパワーオフされると、IP アドレスは解放されます。

    DHCP

    DHCP サーバを使用して IP アドレスが割り当てられます。

    このページは、デプロイされた OVF テンプレートに、サポートされる IP スキームの情報が含まれていない場合は表示されません。

  11. ユーザーが構成できるプロパティを設定し、次へ をクリックします。

    入力を求められるプロパティ セットは、選択した IP 割り当て方法によって異なります。たとえば、IP 割り当て方法が固定の場合のみ、デプロイされた仮想マシンの IP 関連情報が求められます。

  12. 設定を確認して、終了 をクリックします。

タスクの結果

インポート タスクの進行状況が、vSphere Client のステータス パネルに表示されます。