ESXi ホストで実行する仮想マシンは、ホストとともに起動およびシャットダウンするように構成できます。また、選択した仮想マシンに対して、デフォルト タイミングや起動順序を設定することもできます。この機能を使用すると、ホストがメンテナンス モードになったときや、別の理由でホストがパワーオフされたときに、オペレーティング システムでデータを保存できます。

このタスクについて

仮想マシンの起動およびシャットダウン (自動起動) の機能は、vSphere HA クラスタ内にある (またはこのクラスタ内に移行された) ホスト上のすべての仮想マシンで無効になっています。vSphere HA とともに使用されるとき、自動起動はサポートされません。

手順

  1. vSphere Client インベントリで、仮想マシンが配置されているホストを選択して 構成 タブをクリックします。
  2. ソフトウェアで、仮想マシン起動/シャットダウン をクリックして、プロパティ をクリックします。

    仮想マシンの起動およびシャットダウン ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. システムに連動した仮想マシンの自動起動および停止を許可する を選択します。
  4. (オプション) : 起動およびシャットダウンの動作を構成します。

    オプション

    操作

    デフォルトの起動遅延時間

    オペレーティング システムの起動を遅延させる時間を選択します。

    この遅延時間により、VMware Tools や起動中のシステムがスクリプトを実行できます。

    VMware Tools が起動したらすぐに続行する

    VMware Tools の開始直後にオペレーティング システムを起動するように選択します。

    デフォルトのシャットダウン遅延時間

    各仮想マシンのシャットダウンを遅延させる時間を選択します。

    シャットダウン遅延時間は、遅延時間が経過するまで仮想マシンがシャットダウンしない場合にのみ適用されます。遅延時間になる前に仮想マシンがシャットダウンした場合、次の仮想マシンのシャットダウンが開始されます。

    シャットダウン アクション

    ドロップダウン メニューからシャットダウン オプションを選択します。

    • パワーオフ

    • サスペンド

    • ゲストのシャットダウン

    上へ移動/下へ移動

    手動での起動 カテゴリで仮想マシンを選択し、上へ移動 ボタンを使用して、自動起動 または 任意の順序 に移動します。

    自動起動 カテゴリにある仮想マシンは、上へ移動下へ移動 を使用して並べ替えて、必要な順序で起動できます。シャットダウン時には、仮想マシンは逆の順序で停止されます。

    編集

    自動起動 カテゴリまたは 任意の順序 カテゴリの仮想マシンに、ユーザー指定の自動起動とシャットダウンの動作を構成するには、編集 をクリックします。

  5. OK をクリックし、ダイアログ ボックスを閉じて設定を保存します。