仮想マシンが Raw SAN LUN に直接アクセスできるようにするには、VMFS データストアに常駐するマッピング ファイル (RDM) を作成し、LUN を参照するようにします。マッピング ファイルの拡張子は通常の仮想ディスク ファイルと同じ .vmdk ですが、RDM ファイルに含まれるのはマッピング情報だけです。実際の仮想ディスクのデータは、LUN に直接格納されます。

このタスクについて

RDM は、新規仮想マシンの初期ディスクとして作成したり、既存の仮想マシンに追加したりすることができます。RDM を作成するときに、マッピングする LUN、および RDM を保存するデータストアを指定します。

手順

  1. カスタム仮想マシンの作成に必要な手順すべてを実行します。
  2. ディスクの選択ページで、Raw デバイスのマッピング を選択し、次へ をクリックします。
  3. SAN ディスクまたは LUN のリストから、仮想マシンが直接アクセスする Raw LUN を選択します。
  4. RDM マッピング ファイルのデータストアを選択します。

    RDM ファイルは、仮想マシンの構成ファイルと同じデータストアまたは異なるデータストアに配置できます。

    注:

    NPIV を有効にした仮想マシンで vMotion を使用するには、仮想マシンの RDM ファイルが同じデータストアにあることを確認してください。NPIV が有効なときに Storage vMotion を実行できません。

  5. 互換モードを選択します。

    オプション

    説明

    物理

    ゲスト OS がハードウェアに直接アクセスできるようにします。物理互換モードは、仮想マシンで SAN 認識アプリケーションを使用している場合に便利です。ただし、物理互換用に構成された RDM を使用するパワーオン状態の仮想マシンでは、移行 (移行時にそのディスクのコピーを伴う場合) を行うことはできません。このような仮想マシンはクローン作成できず、テンプレートへのクローン作成もできません。

    仮想

    RDM を仮想ディスクのように機能させることができるため、スナップショット作成やクローン作成などの機能を使用できます。

  6. 仮想デバイス ノードを選択します。
  7. 独立モードを選択した場合、次のいずれかのオプションを選択します。

    オプション

    説明

    通常

    ディスクへの変更はその場で恒久的にディスクに書き込まれます。

    読み取り専用

    パワーオフしたり、スナップショットまで戻ったりすると、ディスクへの変更内容が破棄されます。

  8. 次へ をクリックします。
  9. 新規仮想マシンの終了準備の完了ページで、選択内容を確認します。
  10. 終了 をクリックして仮想マシンの設定を完了します。