VMFS データストアは、仮想マシンのリポジトリとして機能します。ファイバ チャネル、iSCSI、およびローカル ストレージ デバイスなど、ホストが検出する SCSI ベースのストレージ デバイス上に、VMFS データストアを設定できます。

始める前に

データストアを作成する前に、ストレージで必要なアダプタをインストールおよび構成する必要があります。アダプタを再スキャンして、新しく追加されたストレージ デバイスを検出します。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックして、ハードウェア パネルの ストレージ をクリックします。
  3. データストア をクリックして、ストレージの追加 をクリックします。
  4. ディスク/LUN ストレージ タイプを選択し、次へ をクリックします。
  5. データストアに使用するデバイスを選択し、次へ をクリックします。
    重要:

    データストア名が VMFS ラベル列に表示されていないデバイスを選択します。名前が表示されている場合、デバイスには既存の VMFS データストアのコピーが含まれています。

  6. ファイル システムのバージョン を選択し、次へ をクリックします。
    重要:

    VMFS3 を選択する場合は、フォーマット でファイルの最大サイズを選択する必要があります。

  7. ディスクが空でない場合、現在のディスク レイアウト ページの上部のパネルで現在のディスク レイアウトを確認し、下部のパネルから構成オプションを選択します。

    オプション

    説明

    すべての利用可能なパーティションを利用

    ディスク全体を 1 つの VMFS データストア専用にします。このオプションを選択すると、現在このデバイスに保存されているすべてのファイル システムやデータは消去されます。

    空き領域の使用

    ディスクの残りの空き領域に VMFS データストアをデプロイします。

    フォーマットしているディスクが空の場合は、現在のディスク レイアウト ページにディスク領域全体が表示され、ストレージを構成できます。

  8. 次へ をクリックします。
  9. プロパティ ページでデータストア名を入力し、次へ をクリックします。
  10. ストレージに指定された領域が大きすぎる場合は、容量の値を調整できます。

    デフォルトでは、ストレージ デバイスの空き領域がすべて使用可能です。

  11. 次へ をクリックします。
  12. 終了準備の完了ページで、データストア構成情報を確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

SCSI ベースのストレージ デバイス上にデータストアが作成されます。vCenter Server システムを使用してホストを管理している場合、新しく作成したデータストアはすべてのホストに追加されます。