スナップショットには、スナップショットの作成時の仮想マシンの状態がすべて保存されます。仮想マシンの電源がオン、オフ、サスペンドのいずれの場合でもスナップショットを作成できます。仮想マシンをサスペンドしている場合、サスペンド処理が完了してからスナップショットを作成します。

始める前に

  • ディスク モードが異なる複数のディスクを持つ仮想マシンのメモリのスナップショットを取得している場合、仮想マシンがパワーオフ状態であることを確認します。たとえば、独立したディスクが必要になる特別な目的を持つ構成の場合、スナップショットを作成する前に仮想マシンをパワーオフする必要があります。

  • 仮想マシンのメモリ状態を取得するには、仮想マシンがパワーオン状態であることを確認します。

  • 仮想マシン ファイルを静止するには、仮想マシンがパワーオン状態であり、VMware Tools がインストールされていることを確認します。

  • 必要な権限: 仮想マシン > スナップショット管理 > スナップショットの作成 (仮想マシンが対象)。

このタスクについて

メモリ スナップショットを作成する場合、そのスナップショットでは仮想マシンのメモリの状態と、仮想マシンの電源設定が取得されます。仮想マシンのメモリの状態を取得する場合、スナップショット操作の完了に時間がかかります。ネットワークに応じて瞬間的に中断が生じる場合もあります。

仮想マシンを静止する場合、VMware Tools によって仮想システム内のファイル システムが静止されます。静止操作によって、仮想マシン上で実行中のプロセス (特にリストア操作中、ディスク上に格納される情報を変更する場合があるプロセス) の状態が一時停止する、または変更されます。

注:

ダイナミック ディスクではスナップショットまで戻すことができないため、ダイナミック ディスクをリストアする際に静止スナップショットは使用されません。スナップショット テクノロジーでは、ダイナミック ディスク内部を扱うことができません。一般に、ダイナミック ディスクは Microsoft 固有のファイル システムとして知られています。

手順

  1. インベントリ > 仮想マシン > スナップショット > スナップショットの作成 を選択します。
  2. スナップショットの名前を入力します。
  3. スナップショットの説明を入力します。

    日時や、「XYZ パッチ適用前のスナップショット」 という説明などを追加すると、リストアまたは削除するスナップショットを見分けるのに役立ちます。

  4. (オプション) : 仮想マシンのメモリを取得する場合は、仮想マシンのメモリのスナップショット チェック ボックスを選択します。
  5. (オプション) : 静止ゲスト ファイル システム (VMware Tools のインストールが必要) チェック ボックスを選択してゲスト OS 上で実行中のプロセスを停止すると、スナップショットの作成時にファイル システムの内容を既知の整合性のある状態にすることができます。
  6. OK をクリックします。

タスクの結果

スナップショットの作成後は、vSphere Client の下部にある 最近のタスク フィールドでスナップショットの状態を表示できます。