仮想マシン データを仮想ディスク ファイルに保存せずに、SAN LUN に直接保存することができます。この機能は、ストレージ デバイスの物理的特性の検出が必要なアプリケーションを仮想マシンで実行する場合に便利です。SAN LUN をマッピングすると、既存の SAN コマンドを使用してディスクのストレージを管理できるようになります。

このタスクについて

VMFS ボリュームに LUN をマッピングすると、vCenter Server によって Raw LUN を示す Raw デバイス マッピング (RDM) ファイルが作成されます。ファイルに含まれるディスク情報をカプセル化すると、vCenter Server で LUN をロックして、一度に 1 台の仮想マシンのみが書き込みを行えるようにできます。RDM の詳細については、『vSphere ストレージ』 ドキュメントを参照してください。

RDM ファイルには .vmdk 拡張子が付いていますが、ESXi ホスト上の LUN へのマッピングを示すディスク情報のみが格納されています。実際のデータは LUN に格納されます。

RDM は、新規仮想マシンの初期ディスクとして作成したり、既存の仮想マシンに追加したりすることができます。RDM を作成するときに、マッピングする LUN、および RDM を保存するデータストアを指定します。

注:

テンプレートから仮想マシンをデプロイしたり、仮想マシンのデータを LUN 上に格納したりすることはできません。仮想マシンのデータは、仮想ディスク ファイルにのみ格納できます。

手順

  1. 新規仮想マシン ウィザードのディスクの選択ページで、RAW デバイス マッピング を選択し、次へ をクリックします。
  2. SAN ディスクまたは LUN のリストから、仮想マシンが直接アクセスする LUN を選択して、次へ をクリックします。
  3. LUN マッピング ファイルのデータストアを選択し、次へ をクリックします。

    RDM ファイルは、仮想マシンの構成ファイルと同じデータストアまたは異なるデータストアに配置できます。

    注:

    NPIV を有効にした仮想マシンで vMotion を使用するには、仮想マシンの RDM ファイルが同じデータストアにあることを確認してください。NPIV が有効になっている場合、データストア間で Storage vMotion または vMotion を実行することはできません。

  4. 互換モードを選択し、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    物理

    ゲスト OS がハードウェアに直接アクセスできるようにします。物理互換モードは、仮想マシンで SAN 認識アプリケーションを使用している場合に便利です。ただし、物理互換 RDM のある仮想マシンはクローン作成、テンプレートへの変換、または移行 (移行時にそのディスクのコピーを伴う場合) することはできません。

    仮想

    RDM を仮想ディスクのように機能させることができるため、スナップショット作成やクローン作成などの機能を使用できます。ディスクのクローンの作成またはディスクからのテンプレートの作成を行うと、LUN のコンテンツが .vmdk 仮想ディスク ファイルにコピーされます。仮想互換モードの RDM を移行するときは、マッピング ファイルを移行するか、LUN のコンテンツを仮想ディスクにコピーできます。

  5. デフォルトをそのまま使用するか、別の仮想デバイス ノードを選択します。

    ほとんどの場合、デフォルトのデバイス ノードをそのまま使用できます。ハード ディスクの場合は、起動順序を制御したり異なる SCSI コントローラ タイプを使用したりする際に、デフォルト以外のデバイス ノードが役立ちます。たとえば、LSI Logic コントローラから起動し、バスの共有を有効にした BusLogic コントローラを使用してデータ ディスクを別の仮想マシンと共有できます。

  6. (オプション) : ディスクがスナップショットの影響を受ける方法を変更するには、独立 をクリックし、オプションを選択します。

    オプション

    説明

    独立型:通常

    通常モードのディスクは、物理コンピュータ上の従来のディスクと同様に動作します。通常モードのディスクに書き込まれたすべてのデータは、永続的にこのディスクに書き込まれます。

    独立型:読み取り専用

    読み取り専用モードのディスクへの変更は、仮想マシンをパワーオフまたはリセットしたときに破棄されます。読み取り専用モードでは、仮想マシンを再起動するときに仮想ディスクが常に同じ状態になります。ディスクへの変更は REDO ログ ファイルに書き込まれ、このファイルから読み取られます。REDO ログ ファイルはパワーオフまたはリセット時に削除されます。

  7. 次へ をクリックします。

    変更内容が記録され、終了準備の完了ページが開きます。

次のタスク

仮想マシンの構成を確認します。