仮想ディスクを作成するか、既存の仮想ディスクを使用するか、または仮想ディスクから SAN への直接アクセスを可能にする Raw デバイス マッピング (RDM) を作成できます。仮想ディスクは、ゲスト OS が単一のハード ディスクとして認識する、ファイル システム上の 1 つ以上のファイルで構成されています。これらのディスクは、ホスト間で移動できます。

仮想マシンの作成ウィザードを使用して、仮想マシンの作成時に仮想ディスクを追加します。ディスクをあとで追加する場合は、[仮想マシンのプロパティ] ダイアログ ボックスで ディスクを作成しない オプションを選択し、ハードウェアの追加ウィザードを使用します。

注:

仮想ディスクを異なるコントローラ タイプに再割り当てすることはできません。

選択できるオプションには、次のものがあります。