OVF パッケージは、仮想マシンまたは vApp の状態をパッケージに保存します。ディスク ファイルは、圧縮されたスパーク形式で保存されます。

このタスクについて

必要な権限: vApp > エクスポート

手順

  1. 仮想マシンまたは vApp を選択し、ファイル > エクスポート > OVF テンプレートのエクスポート を選択します。
  2. OVF テンプレートのエクスポート ダイアログで、テンプレートの 名前 を入力します。

    たとえば、MyVm と入力します。

    注:

    アスタリスク文字 (*) が含まれている名前の OVF テンプレートをエクスポートする場合、アスタリスクはアンダースコア文字 (_) に変わります。

  3. エクスポートした仮想マシンテンプレートを保存する場所を ディレクトリ に入力するか、... をクリックして場所を参照入力します。

    テンプレートのデフォルトの格納場所は、C:\ ドライブです。

    たとえば、OvfLib です。

  4. フォーマット フィールドで、ファイルを格納する方法を決定します。
    • ファイルのフォルダ (OVF) を選択し、OVF テンプレートをファイルのセット (.ovf.vmdk.mf) として保存します。 このフォーマットは、Web サーバまたはイメージ ライブラリで OVF ファイルを発行する場合に最適です。パッケージは、たとえば、.ovf ファイルの URL を発行することで、vSphere Client にインポートできます。

    • 単一のファイル (OVA) を選択して、OVF テンプレートを 1 つの .ova ファイルにパッケージ化します。これは、OVF パッケージを確実に Web サイトからダウンロードしたり、USB キーを使用して移動したりする必要がある場合、OVF パッケージを 1 つのファイルとして配布するのに便利です。

  5. 説明 フィールドに、仮想マシンの説明を入力します。

    デフォルトで、仮想マシンの サマリ タブの 注釈 ペインのテキストが、このテキスト ボックスに表示されます。

  6. フロッピーおよび CD/DVD の各デバイスに関連付けられているイメージ ファイルを OVF パッケージに含める場合は、チェック ボックスを選択します。
    注:

    このチェック ボックスは、仮想マシンが ISO ファイルに接続されている場合、またはフロッピー ドライブがフロッピー イメージに接続されている場合にのみ表示されます。

  7. OK をクリックします。

タスクの結果

エクスポート ウィンドウにダウンロード プロセスが表示されます。

OVF ファイルと OVA ファイルのフォルダの場所

新規 OVF フォルダに OvfLib と入力した場合は、次のファイルが作成されることがあります。

  • C:\OvfLib\MyVm\MyVm.ovfI

  • C:\OvfLib\MyVm.mf

  • C:\OvfLib\MyVm-disk1.vmdk

新規 OVF フォルダに C:\NewFolder\OvfLib と入力した場合は、次のファイルが作成されることがあります。

  • C:\NewFolder\OvfLib\MyVm\MyVm.ovfI

  • C:\NewFolder\OvfLib\MyVm.mf

  • C:\NewFolder\OvfLib\MyVm-disk1.vmdk

OVA フォーマットへのエクスポートを選択し、MyVm と入力した場合は、ファイル C:\MyVm .ova が作成されます。