ソフトウェア FCoE アダプタを有効にする前に、VMkernel を、ホストにインストールされている物理 FCoE NIC に接続する必要があります。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックし、ネットワーク をクリックします。
  3. vSphere 標準スイッチ ビューで、ネットワークの追加 をクリックします。
  4. VMkernel を選択し、次へ をクリックします。
  5. vSphere 標準スイッチの作成 を選択して、新しい vSphere 標準スイッチを作成します。
  6. FCoE をサポートするネットワーク アダプタ (vmnic#) を選択して、次へ をクリックします。

    ホストに複数のネットワーク アダプタがある場合、またはアダプタに複数のポートがある場合、これらすべてを 1 つの vSphere 標準スイッチに追加できます。また、各 FCoE NIC を個別の標準スイッチに接続することもできます。

    注:

    ESXi ソフトウェア FCoE に使用するネットワーク アダプタ ポートを最大 4 つサポートします。

  7. ネットワーク ラベルを入力します。

    ネットワーク ラベルは、「FCoE」など、作成する VMkernel アダプタを識別する分かりやすい名前です。

  8. VLAN ID を指定し、次へ をクリックします。

    FCoE トラフィックには分離されたネットワークが必要であるため、入力する VLAN ID は、ホスト上で通常のネットワークに使用されるものとは異なっている必要があります。詳細については、『vSphere ネットワーク』 ドキュメントを参照してください。

  9. IP 設定を指定して、次へ をクリックします。
  10. 情報を確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

これで、ホストにインストールされた物理 FCoE ネットワーク アダプタ用の仮想 VMkernel アダプタが作成されました。

注:

FCoE トラフィックの中断を防ぐため、FCoE ネットワークを設定した後は、FCoE ネットワーク アダプタ (vmnic#) を vSphere 標準スイッチから外さないでください。