仮想マシン上の将来のすべてのメモリ割り当てが、特定の NUMA ノードに関連付けられたページを使用することを指定できます (手動メモリ アフィニティとも呼ばれます)。

このタスクについて

注:

将来のメモリ割り当てに使用するノードを指定するのは、CPU アフィニティも指定した場合だけにしてください。メモリ アフィニティの設定だけを手動で変更すると、自動 NUMA 再バランシングが適切に動作しなくなります。

手順

  1. vSphere Client で、インベントリにある仮想マシンを右クリックして、設定の編集 を選択します。
  2. リソース タブを選択し、メモリ を選択します。
  3. NUMA メモリのアフィニティ パネルでメモリ アフィニティを設定します。

単一の NUMA ノードへの仮想マシンのバインド

次の例は、8 方向サーバ上の 2 方向の仮想マシン用に最後の 4 つの物理 CPU を単一の NUMA ノードに手動バインドする場合を示しています。

CPU (たとえば、4、5、6、7) は、物理 CPU 番号です。

  1. vSphere Client のインベントリ パネルで仮想マシンを選択し、設定の編集 をクリックします。

  2. オプション を選択し、詳細 をクリックします。

  3. 構成パラメータ ボタンをクリックします。

  4. vSphere Client で、プロセッサ 4、5、6、7 の CPU アフィニティをオンにします。

次に、この仮想マシンをノード 1 上でのみ実行するとします。

  1. vSphere Client のインベントリ パネルで仮想マシンを選択し、設定の編集 をクリックします。

  2. オプション を選択し、詳細 をクリックします。

  3. 構成パラメータ ボタンをクリックします。

  4. vSphere Client で、NUMA ノードのメモリ アフィニティを 1 に設定します。

これらの 2 つのタスクを完了すると、仮想マシンが NUMA ノード 1 でのみ実行されるようになり、可能な場合、同じノードからメモリを割り当てるようになります。