すべての ESXi ホストは、VMkernel およびその他のシステム コンポーネントからのメッセージをログ ファイルに記録する syslog サービス (vmsyslogd) を実行しています。

このタスクについて

vSphere Client または esxcli system syslog vCLI コマンドを使用して syslog サービスを構成できます。

vCLI コマンドの詳細については、『Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces』を参照してください。

手順

  1. vSphere Client のインベントリでホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックします。
  3. ソフトウェア パネルで、詳細設定をクリックします。
  4. ツリー コントロールで syslog を選択します。
  5. ロギングをグローバルに設定するには、グローバルをクリックして右側のフィールドを変更します。

    オプション

    説明

    Syslog.global.defaultRotate

    保持するアーカイブの最大数を設定します。この数字はグローバルに、また個別のサブロガーについて設定できます。

    Syslog.global.defaultSize

    システムのログ ローテーションを行う際のログのデフォルト サイズを KB で設定します。この数字はグローバルに、また個別のサブロガーについて設定できます。

    Syslog.global.LogDir

    ログが保管されるディレクトリです。ディレクトリは、マウントされた NFS または VMFS ボリュームに置くことができます。リブートしても継続するのは、ローカル ファイル システムの/scratch ディレクトリのみです。ディレクトリは、[datastorename] path_to_file と指定します。ここでパスはデータストアをバッキングするボリュームのルートからの相対パスです。例えば、パスの [storage1] /systemlogs はパスの /vmfs/volumes/storage1/systemlogs にマップします。

    Syslog.global.logDirUnique

    このオプションを選択すると、ESXi ホストの名前を持つサブディレクトリを Syslog.global.LogDirで指定されるディレクトリの下に作成します。同一の NFS ディレクトリが複数の ESXi ホストで使用される場合、独自のディレクトリは役に立ちます。

    Syslog.global.LogHost

    syslog メッセージの転送先のリモート ホストと、そのリモート ホストが syslog メッセージを受信するポート。ssl://hostName1:514 のようにしてプロトコルとポートを含められます。UDP(デフォルト)、TCP、および SSL がサポートされています。リモート ホストには syslog がインストールされ、転送された syslog メッセージを受信するように正しく構成されている必要があります。構成の情報については、リモート ホストにインストールされた syslog サービスのドキュメントを参照してください。

  6. (オプション) 任意のログに対して、デフォルトのログ サイズとログ ローテーションを上書きします。
    1. ロガーをクリックします。
    2. カスタマイズするログの名前をクリックしてローテーション数とログ サイズを入力します。
  7. OK をクリックします。

タスクの結果

syslog オプションの変更がすぐに有効になります。