スナップショットの統合コマンドは、データの依存関係に違反しないように統合するため、階層または差分ディスクを検索します。統合後は冗長ディスクが削除されます。これにより、仮想マシンのパフォーマンスが向上し、ストレージ領域を節約できます。

始める前に

必要な権限: 仮想マシン > スナップショット管理 > スナップショットの削除

このタスクについて

スナップショットの統合は、スナップショット ディスクに対して 削除 または すべて削除 の操作を実行しても縮小できない場合、またはディスクを統合できなかった場合に便利です。こうした現象は、たとえば、スナップショットを削除しても、関連するディスクがベース ディスクにコミット バックされない場合などに発生します。

vSphere Client の [統合が必要] 列には統合が必要な仮想マシンが表示され、仮想マシンの統合が必要な場合は、仮想マシンの サマリ タブの [構成の問題] に統合に関するメッセージが表示されます。ディスク領域不足など、失敗を示すエラーが表示された場合はそれらを修正し、統合タスクを実行します。

手順

  1. vSphere Client の [統合が必要] 列を表示します。
    1. vCenter Server、ホスト、またはクラスタを選択し、仮想マシン タブをクリックします。
    2. 任意の仮想マシンの列のメニュー バーを右クリックし、メニューから 統合が必要 を選択します。

    [統合が必要] 列が表示されます。[はい] のステータスは、仮想マシンのスナップショット ファイルの統合が必要であることを示し、その仮想マシンの タスクとイベント タブには、構成に関する問題が表示されます。[いいえ] のステータスは、ファイルに問題がないことを示します。

  2. ファイルを統合するには、仮想マシンを右クリックし、スナップショット > 統合 を選択します。
  3. [統合が必要] 列をチェックし、タスクが成功したことを確認します。

    タスクが成功すると、[構成の問題] メッセージはなくなり、[統合が必要] の値は [いいえ] になります。