vSphere Client が稼動するクライアント コンピュータに物理デバイスを接続すると、複数の USB デバイスを仮想マシンに追加できます。vSphere Client は、ESXi ホストを管理する vCenter Server のインスタンスにログインするか、または仮想マシンが配置されているホストに直接ログインする必要があります。USB パススルー テクノロジーにより、セキュリティ ドングル、大容量ストレージ デバイス、スマートカード リーダーなどの複数の USB デバイスを仮想マシンに追加することが可能になります。

USB デバイス パススルー テクノロジーの機能

USB コントローラは、自身が管理している USB ポートに USB 機能を提供する USB ハードウェア チップです。USB 3.0、USB 2.0、および USB 1.1 デバイスに対応した USB コントローラのハードウェアおよびモジュールが、仮想マシンに存在している必要があります。各仮想マシンに 2 つの USB コントローラを使用できます。コントローラは複数の USB 3.0、USB 2.0、および USB 1.1 デバイスをサポートします。USB デバイスを仮想マシンに追加する前に、コントローラを準備しておく必要があります。

仮想マシンには、最大 20 個の USB デバイスを追加できます。これは 1 台の仮想マシンへの同時接続がサポートされている最大デバイス数です。

複数のデバイスを仮想マシンに追加することができますが、追加できるのは一度に 1 つだけです。S1 スタンバイ状態の間、仮想マシンはデバイスへの接続を保持します。仮想マシンをデータセンター内の他のホストに移行する際、USB デバイスの接続は保持されます。

USB デバイスは、一度に 1 台のパワーオン状態の仮想マシンのみで利用できます。仮想マシンがデバイスに接続すると、そのデバイスは他の仮想マシンまたはクライアント コンピュータで使用できなくなります。デバイスを仮想マシンから切断するか、仮想マシンをシャットダウンすると、デバイスの所有がクライアント コンピュータに戻り、クライアント コンピュータが管理するほかの仮想マシンがデバイスを使用できるようになります。

たとえば、USB マス ストレージ デバイスを仮想マシンに接続する場合、このデバイスはクライアント コンピュータから削除され、リムーバブル デバイスのあるドライブとしては表示されなくなります。デバイスを仮想マシンから切断すると、それらのデバイスはクライアント コンピュータのオペレーティング システムに再接続され、リムーバブル デバイスとして表示されます。

USB 3.0 デバイスの制限

USB 3.0 デバイスには次の要件および制限事項があります。

  • USB 3.0 デバイスの接続先の仮想マシンには、xHCI コントローラが構成され、2.6.35 以降のカーネルの Linux ゲスト OS を備えていることが必要です。

  • 一度に接続できるのは、1 台の仮想マシンに対し、超高速で動作する 1 つの USB 3.0 デバイスのみです。

  • USB 3.0 デバイスは、クライアント コンピュータから仮想マシンへのパススルーに対してのみ使用できます。ESXi ホストから仮想マシンへのパススルーには使用できません。

データ損失の回避

デバイスを仮想マシンに接続する前に、デバイスがクライアント コンピュータで使用されていないことを確認してください。

vSphere Client を vCenter Server またはホストから切断する場合、またはクライアント コンピュータを再起動あるいはシャットダウンする場合、デバイスの接続は切断されます。USB デバイスを使用するための専用のクライアント コンピュータを用意するか、ソフトウェアの更新や仮想マシンへのパッチの追加など、短期間の使用のため、USB デバイスをクライアント コンピュータに接続したままにすることをお勧めします。仮想マシンに対する USB デバイスの接続を延長して維持するには、ESXi ホストから仮想マシンへの USB パススルーを使用します。