ハイパースレッドを有効にするには、最初に使用するシステムの BIOS 設定でハイパースレッドを有効にし、vSphere Client でオンにする必要があります。ハイパースレッドは、デフォルトで有効になっています。

このタスクについて

使用している CPU がハイパースレッドをサポートしているかどうかを確認するには、システムのドキュメントを参照してください。

手順

  1. システムがハイパースレッド テクノロジーをサポートしていることを確認します。
  2. システムの BIOS でハイパースレッドを有効にします。

    メーカーによって、このオプションは 論理プロセッサ と呼ばれることもあれば、ハイパースレッディングの有効化 と呼ばれることもあります。

  3. 必ず、ESXi ホスト用にハイパースレッドをオンにしてください。
    1. vSphere Client でホストを選択し、構成 タブをクリックします。
    2. プロセッサ を選択し、プロパティ をクリックします。
    3. ダイアログ ボックスでハイパースレッドの状態を確認して、ハイパースレッドをオフまたはオン (デフォルト) にすることができます。

タスクの結果

ハイパースレッドが有効になりました。