高パフォーマンスの VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) ストレージ コントローラを追加し、スループットの向上と CPU 使用率の低減を実現できます。

始める前に

  • 仮想マシンに、VMware Tools がインストールされたゲスト OS があることを確認します。

  • 仮想マシンにハードウェア バージョン 7 以降が搭載されていることを確認します。

  • PVSCSI に関する制約事項を必ず確認しておいてください。VMware 準仮想化 SCSI コントローラについて を参照してください。

  • PVSCSI コントローラに接続された起動ディスク デバイスにアクセスする場合は、仮想マシンに Windows 2003 または Windows 2008 ゲスト OS が実行されていることを確認してください。

  • 一部のオペレーティング システムでは、コントローラ タイプを変更する前に、LSI Logic コントローラを使用した仮想マシンを作成し、VMware Tools をインストールしてから準仮想化モードに変更する必要があります。

このタスクについて

PVSCSI コントローラは、大量の I/O が発生するアプリケーションを実行する環境 (特に SAN 環境) に最適です。

手順

  1. vSphere Client のインベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. ハードウェア タブをクリックして、追加 をクリックします。
  3. SCSI デバイス を選択し、次へ をクリックします。
  4. 接続パネルで SCSI デバイスを選択します。
  5. 未使用の仮想デバイス ノードを選択し、次へ をクリックします。

    SCSI (0:2) というデバイス ノードの場合、0 はコントローラ番号、2 はコントローラに接続されたデバイスの番号です。デバイスがすでに存在しているノード (たとえば SCSI 0:3) を選択する場合は、SCSI デバイスを既存のコントローラに追加します。新しいコントローラを追加するには、未使用の SCSI コントローラ上で未使用のデバイス ノード (たとえば 1:0) を選択する必要があります。

  6. 選択内容を確認し、終了 をクリックします。

    ハードウェア リストに、新規 SCSI コントローラ (追加中)新規 SCSI デバイス (追加中) が表示されます。

  7. OK をクリックして変更内容を保存し、ダイアログ ボックスを閉じます。
  8. 仮想マシンのプロパティ エディタを再度開きます。
  9. 新しい SCSI コントローラを選択し、タイプの変更 をクリックします。
  10. VMware 準仮想化 を選択し、OK をクリックします。
  11. OK をクリックして、変更内容を保存します。