仮想マシンの仮想 CPU を固定のプロセッサに関連付けることによって、仮想マシン上のアプリケーションのパフォーマンスを向上できることがあります。これにより、仮想 CPU が NUMA ノード間で移行されないようにできます。

手順

  1. vSphere Client で、インベントリにある仮想マシンを右クリックして、設定の編集 を選択します。
  2. リソース タブを選択して、CPU の詳細 を選択します。
  3. スケジュール設定のアフィニティ パネルで、CPU アフィニティを優先するプロセッサに設定します。
    注:

    NUMA ノード内のすべてのプロセッサのボックスを手動で選択する必要があります。CPU アフィニティは、ノード単位ではなくプロセッサ単位で指定します。