仮想ディスクを独立モードに設定して、その仮想ディスクを仮想マシンで作成されたスナップショットから除外することができます。

始める前に

ディスク モードを変更する前に、仮想マシンをパワーオフしてから既存のスナップショットをすべて削除します。スナップショットを削除するとスナップショット ディスク上の既存のデータは親ディスクに記録されます。

必要な権限:

  • 仮想マシン > スナップショット管理 > スナップショットの削除

  • 仮想マシン > 構成 > デバイス設定の変更

手順

  1. インベントリ > 仮想マシン > 設定の編集 を選択します。
  2. ハードウェア タブをクリックし、除外するハード ディスクを選択します。
  3. モード で、独立型 を選択します。

    スナップショットは、独立するディスクの状態に影響しません。

    注:

    そのスナップショットに戻した場合、スナップショットの作成後に作成されたディスクは、ディスクのタイプにかかわらず表示されません。

  4. 独立ディスク モード オプションを選択します。

    オプション

    説明

    独立型:通常

    通常モードのディスクは、物理コンピュータ上の従来のディスクと同様に動作します。通常モードのディスクに書き込まれたすべてのデータは、永続的にこのディスクに書き込まれます。

    独立型:読み取り専用

    読み取り専用モードのディスクへの変更は、仮想マシンをパワーオフまたはリセットしたときに破棄されます。読み取り専用モードでは、仮想マシンを再起動するときに仮想ディスクが常に同じ状態になります。ディスクへの変更は REDO ログ ファイルに書き込まれ、このファイルから読み取られます。REDO ログ ファイルはパワーオフまたはリセット時に削除されます。

  5. OK をクリックします。