仮想マシンの仮想ネットワーク アダプタ構成で、パワーオン接続設定、MAC アドレス、およびネットワーク接続を変更できます。

始める前に

必要な権限:

  • 仮想マシン > 構成 > デバイス設定の変更 (MAC アドレスおよびネットワークの編集用)。

  • 仮想マシン > 相互作用 > デバイス接続接続 および パワーオン時に接続 の変更用)。

  • ネットワーク > ネットワークの割り当て

手順

  1. vSphere Client のインベントリで仮想マシンを右クリックし、設定の編集 を選択します。
  2. ハードウェア タブをクリックし、ハードウェア リストで該当する NIC を選択します。
  3. (オプション) : 仮想マシンのパワーオンの状態で仮想 NIC を接続する場合は、パワーオン時に接続 を選択します。
  4. (オプション) : DirectPath I/O の下にある青い情報アイコンをクリックし、仮想 NIC の DirectPath I/O の状態と機能に関する詳細を表示します。
  5. MAC アドレス構成のオプションを選択します。

    オプション

    説明

    自動

    vSphere により、MAC アドレスが自動的に割り当てられます。

    手動

    使用する MAC アドレスを入力します。

  6. 仮想 NIC の ネットワーク接続 を構成します。

    オプション

    説明

    標準設定

    仮想 NIC は標準または分散ポート グループに接続します。接続先の仮想 NIC のポート グループを ネットワーク ラベル ドロップダウン メニューから選択します。

    詳細設定

    仮想 NIC は vSphere Distributed Switch 上の特定のポートに接続します。このオプションは、vSphere Distributed Switch を使用できる場合にのみ表示されます。

    1. 詳細設定に切り替え をクリックします。

    2. 使用する仮想 NIC の vSphere Distributed Switch を VDS ドロップダウン メニューから選択します。

    3. 接続先である仮想 NIC の分散ポートの ポート ID を入力します。

  7. OK をクリックして、変更内容を保存します。