vSphere Client は、vCenter ServerESXi を管理するための主要なインターフェイスです。

vSphere Client のユーザー インターフェイスは、接続先のサーバに応じて構成されます。

  • サーバが vCenter Server システムの場合、vSphere Client にはライセンス構成とユーザー権限に従って、vSphere 環境で利用可能なすべてのオプションが表示されます。

  • サーバが ESXi ホストの場合、vSphere Client には単一ホストの管理に適したオプションのみが表示されます。

vSphere Client に最初にログインしたときは、ホーム ページが表示され、vSphere Client の機能にアクセスするためのアイコンが表示されます。vSphere Client からログアウトすると、クライアント アプリケーションは閉じられたときのビューを保持し、次回ログイン時にそのビューに戻ります。

インベントリ ビューは、メニューバー、ナビゲーション バー、ツールバー、ステータス バー、パネル セクション、ポップアップ メニューを含む 1 つのウィンドウで構成され、ここで多数の管理タスクを実行します。