データストアは、各ストレージ デバイスの仕様を隠し、仮想マシン ファイルを格納するための一貫したモデルを提供する論理コンテナです。データストアを使用して、ISO イメージおよび仮想マシン テンプレートを格納できます。

このタスクについて

対象のホストまたはクラスタ上ですでに構成されているデータストアから選択できます。

手順

  1. 新規仮想マシン ウィザードのストレージ ページで、仮想マシン ファイルを保存するデータストアを選択します。
  2. (オプション) : 仮想マシンのストレージ DRS をオフにするには、この仮想マシンのストレージ DRS の無効化 を選択します。
  3. (オプション) : 仮想マシン ストレージ プロファイル ドロップダウン メニューから、仮想マシン ストレージ プロファイルを適用します。

    仮想マシンのストレージ プロファイルと互換性があり、仮想マシンおよびその仮想ディスク ファイルをすべて保存するのに十分な容量を持つデータストアを選択します。

    データストアのリストで、選択した仮想マシン ストレージ プロファイルと互換性のあるデータストアが示されます。

  4. 次へ をクリックします。

    標準構成パスを選択した場合は、ゲスト OS ページが表示されます。カスタム構成パスを選択した場合は、仮想マシンのバージョン ページが表示されます。