ストレージ デバイスに VMFS データストアのコピーが含まれている場合、既存の署名を使用してデータストアをマウントするか、新たに署名を割り当てることができます。

ストレージ ディスク内に作成された各 VMFS データストアには一意の 署名 (UUID とも呼ばれる) があり、ファイル システム スーパーブロックに格納されています。ストレージ ディスクを複製する場合、またはそのスナップショットをストレージ側で作成する場合、コピーされたディスク コピーは元のディスクとバイト単位で同じになります。その結果、元のストレージ ディスクに UUID X を持つ VMFS データストアが含まれている場合、ディスク コピーには、まったく同じ UUID X を持つ VMFS データストア (つまり VMFS データストアのコピー) が表示されます。

LUN のスナップショットとレプリケーションに加えて、次のストレージ デバイス操作によって、ESXi が元のデータストアのコピーとしてデバイス上の既存のデータストアをマークする場合があります。

  • LUN ID の変更

  • SCSI デバイス タイプは SCSI-2 から SCSI-3 のように変わります。

  • SPC-2 準拠の有効化

ESXi では、VMFS データストアのコピーを検出して vSphere Web Client に表示することができます。元の UUID でデータストアのコピーをマウントする、または UUID を変更してデータストアを再署名するというオプションがあります。

再署名するか、再署名をせずにマウントするかは、ストレージ環境内での LUN のマスク方法によって異なります。ホストが LUN の両方のコピーを表示できる場合は、再署名を推奨します。それ以外の場合は、マウントを選んでも構いません。