iSCSI 用の物理ネットワーク アダプタが複数あり、すべての NIC を単一の vSphere 標準スイッチに接続する場合は、このタスクを使用します。このタスクでは、NIC および VMkernel アダプタを既存の vSphere 標準スイッチに追加します。

始める前に

iSCSI トラフィック用に指定された単一の物理 NIC に iSCSI VMkernel アダプタをマッピングする vSphere 標準スイッチを作成する必要があります。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックし、ネットワーク をクリックします。
  3. iSCSI で使用する vSphere 標準スイッチを選択して、プロパティ をクリックします。
  4. 追加のネットワーク アダプタを標準スイッチに接続します。
    1. 標準スイッチの [プロパティ] ダイアログ ボックスで、ネットワーク アダプタ タブをクリックし、追加 をクリックします。
    2. リストから 1 つ以上の NIC を選択し、次へ をクリックします。

      依存型ハードウェア iSCSI アダプタの場合は、対応する iSCSI コンポーネントがある NIC だけを選択します。

    3. アダプタ サマリ ページで情報を確認し、終了 をクリックします。

      ネットワーク アダプタのリストが再表示され、vSphere 標準スイッチで現在要求されているネットワーク アダプタが表示されます。

  5. 追加したすべての NIC に対して iSCSI VMkernel アダプタを作成します。

    VMkernel インターフェイスの数は、vSphere 標準スイッチ上の NIC の数に対応している必要があります。

    1. 標準スイッチの [プロパティ] ダイアログ ボックスで、ポート タブをクリックし、追加 をクリックします。
    2. VMkernel を選択し、次へ をクリックします。
    3. ポート グループのプロパティ で、「iSCSI」 などのネットワーク ラベルを入力し、次へ をクリックします。
    4. IP 設定を指定して、次へ をクリックします。

      サブネット マスクを入力する場合は、NIC が接続先のストレージ システムのサブネットに設定されていることを確認します。

    5. 情報を確認し、終了 をクリックします。
    注意:

    ソフトウェア iSCSI アダプタまたは依存型ハードウェア iSCSI アダプタとともに使用する NIC が、iSCSI ターゲットと同じサブネットにない場合、ホストはこのネットワーク アダプタからターゲットへのセッションを確立できません。

次のタスク

すべての VMkernel アダプタ用のネットワーク ポリシーを変更して、ネットワークのバインド要件との互換性を持つようにします。そのあとで、iSCSI VMkernel アダプタをソフトウェア iSCSI アダプタまたは依存型ハードウェア iSCSI アダプタにバインドできます。