ソフトウェア iSCSI アダプタを有効にして、ホストが iSCSI ストレージへのアクセスに使用できるようにする必要があります。

始める前に

必要な権限: ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

注:

ソフトウェア iSCSI アダプタを使用して iSCSI から起動する場合、最初の起動時にアダプタが有効になり、ネットワーク構成が作成されます。アダプタを無効にした場合、ホストを起動するたびに再度有効化されます。

このタスクについて

有効にできるソフトウェア iSCSI アダプタは 1 つだけです。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックして、ハードウェア パネルの ストレージ アダプタ をクリックします。
  3. 追加 をクリックし、ソフトウェア iSCSI アダプタ を選択します。

    ソフトウェア iSCSI アダプタが、ストレージ アダプタのリストに表示されます。

  4. リストから iSCSI アダプタを選択し、プロパティ をクリックします。
  5. 構成 をクリックします。
  6. アダプタが有効になっていることを確認して OK をクリックします。

    アダプタを有効にすると、ホストによってデフォルトの iSCSI 名が割り当てられます。デフォルトの名前を変更する場合は、iSCSI の命名規則に従ってください。