vSphere Client を使用して、iSCSI トラフィック用に指定されている各 vSwitch の標準スイッチと VMkernel アダプタに対してジャンボ フレームを有効にします。

このタスクについて

最大転送ユニット(MTU)パラメータを変更することによって、標準スイッチと VMkernel アダプタでジャンボ フレームを有効にします。

手順

  1. vSphere Client にログインして、インベントリ パネルからホストを選択します。
  2. 構成 タブをクリックし、ネットワーク をクリックします。
  3. iSCSI トラフィックに使用する標準スイッチの プロパティ をクリックします。
  4. ポート タブで、標準スイッチを選択し、編集をクリックします。
  5. 標準スイッチの MTU パラメータを設定して、OK をクリックします。

    この手順は、その標準スイッチ上のすべての物理 NIC に対して MTU を設定します。MTU 値は、標準スイッチに接続されているすべての NIC 間で最大の MTU サイズに設定されます。

  6. ポート タブで VMkernel アダプタを選択し、編集 をクリックします。
  7. 標準スイッチで構成された値と一致するように MTU を設定して、OK をクリックします。