ホスト プロファイルは、vSphere Auto Deploy と連動し、仮想スイッチ、ドライバ設定、起動パラメータなどの構成状態が完全で予想どおりの物理 ESXi ホストをプロビジョニングします。

Auto Deploy でプロビジョニングされたホストはステートレスと見なされるため、構成状態の情報はホストに保存されません。代わりに、リファレンス ホストを作成して希望の設定で完全に構成します。次に、このリファレンス ホストを使用してホスト プロファイルを作成します。次に、PowerCLI で Auto Deploy ルール エンジンを使用してホスト プロファイルを新しいデプロイ ルールに関連付けます。これで、新しいホストが Auto Deploy を通してプロビジョニングされると、自動的にホスト プロファイルが適用されるようになります。

これらのホストへの修正はステートフルにデプロイされたホストと同じです。つまり、ホストをメンテナンス モードにして修正タスクを実行する必要があります。ホスト プロファイルの適用時に、ユーザーは、ホストをカスタマイズしホスト プロファイルの作成中に指定されるポリシーへの応答を入力するように求められます。

注:

Auto Deploy を介して ESXi をデプロイする場合は、ログをリモート サーバに保存するように Syslog を構成します。手順については、『vSphere のインストールとセットアップ』 ドキュメントの 「ホスト プロファイル インターフェイスからの Syslog の設定」 を参照してください。

詳細については、vSphere Auto Deploy ドキュメントの 「Auto Deploy のリファレンス ホストの設定」 を参照してください。