コンプライアンス障害が発生した場合、修正機能を使用してホスト プロファイル設定をホストに適用します。この処理によって、すべてのホスト プロファイル管理対象パラメータは、ホストに添付されたホスト プロファイルに含まれている値に変更されます。

始める前に

ホストにプロファイルが添付されており、ホストがメンテナンス モードになっていることを確認します。一部の変更によってホストの操作またはリソースの可用性に影響が及ぼされる場合があるため、修正時にホストはメンテナンス モードになっている必要があります。これにより、どのホスト レベルでパラメータを変更しても、仮想マシンに影響が及ぼされないようになります。

手順

  1. ホストに対して修正するプロファイルに移動します。
  2. 監視 タブを選択し、コンプライアンス をクリックします。
  3. 修正するホスト (複数可) を右クリックし、すべての vCenter アクション > ホスト プロファイル > 修正 を選択します。
  4. (オプション) : ホスト プロファイル ポリシーのユーザー入力パラメータを更新または変更するには、ホストをカスタマイズして 次へ をクリックします。

    vSphere Auto Deploy の詳細については、vSphere Web Client のホスト プロファイルと vSphere Auto Deploy を参照してください。

  5. ホスト プロファイルの修正に必要なタスクを確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

コンプライアンス ステータスが更新されます。