以前は技術サポート モード (TSM) と呼ばれた ESXi Shell は、ESXi ではデフォルトで無効化されます。このシェルへのローカル アクセスおよびリモート アクセスは、必要に応じて有効にすることができます。

ESXi Shell は、トラブルシューティングの場合にのみ有効にしてください。ESXi Shell は、ホストがロックダウン モードで実行されているときに、有効または無効にできます。ロックダウン モードで実行されているホストは、ESXi Shell の有効化または無効化を妨げません。vSphere セキュリティ を参照してください。

ESXi Shell

ローカルで ESXi Shell にアクセスする場合は、このサービスを有効にします。

SSH

SSH を使用して ESXi Shell にリモート アクセスするには、このサービスを有効にします。vSphere セキュリティ を参照してください。

root ユーザーおよび管理者ロールを持つユーザーは、ESXi Shell にアクセスできます。Active Directory グループ ESX Admins 内のユーザーには、管理者ロールが自動的に割り当てられます。デフォルトでは、root ユーザーのみが、ESXi Shellを使用してシステム コマンド(vmware -v など)を実行できます。

注:

ESXi Shell は、実際にアクセスが必要になるまで有効にしないでください。