仮想マシンへの既存の仮想ハード ディスクの追加は、仮想マシン作成プロセス中の仮想マシンのハードウェアのカスタマイズ時または仮想マシン作成後に行うことができます。たとえば、起動ディスクとして事前構成された既存のハード ディスクを追加する必要がある場合があります。

始める前に

  • 異なる仮想ハード ディスク構成に対するコントローラおよび仮想デバイス ノードの動作について理解しておいてください。

  • 接続先のフォルダまたはデータストア上で 仮想マシン > 構成 > 既存ディスクの追加 の権限があることを確認します。

仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

仮想マシンの作成中、選択したゲスト OS に基づいて、デフォルトでハード ディスクおよび SCSI または SATA コントローラが仮想マシンに追加されます。このディスクがニーズを満たさない場合には、ディスクを削除し、作成プロセスの最後に既存のハード ディスクを追加できます。

手順

  1. VMware Host Client インベントリ内で 仮想マシン をクリックします。
  2. リスト内の仮想マシンを右クリックし、ポップアップ メニューから 設定の編集 を選択します。
  3. 仮想ハードウェア タブで、ハード ディスクの追加 を選択し、ドロップダウン メニューから 既存のハード ディスク を選択します。
  4. (オプション) : 既存のハード ディスクを削除するには、ディスク上にマウスのポインタを移動させて、削除 アイコン (X) をクリックします。

    ディスクが仮想マシンから削除されます。他の仮想マシンがディスクを共有している場合は、ディスク ファイルは削除されません。

  5. データストア列で、データストアを展開し、仮想マシン フォルダを選択し、追加するディスクを選択します。

    [コンテンツ] 列にディスク ファイルが表示されます。ファイル タイプ メニューに、このディスクと互換性のあるファイル タイプが表示されます。

  6. 選択 をクリックし、保存 をクリックして既存のハード ディスクを追加します。