vCenter Server 用の Oracle データベースとユーザーを作成して構成した後、vCenter Server のインストール先となるマシンに 64 ビットの DSN を作成する必要があります。vCenter Server のインストール中、vCenter Server とデータベースの間の接続を確立するためにその DSN を使用します。

始める前に

11.2.0.3 p16656151(パッチ 19)以降、11.2.0.4、12.1.0.1.12 以降、または 12.1.0.2 の Oracle クライアントをインストールします。

手順

  1. vCenter Server のインストール先となるマシンで、スタート > 管理ツール > データ ソース (ODBC) の順に選択します。
  2. システム DSN タブで、既存の Oracle ODBC 接続を変更するか、新規の ODBC 接続を作成します。
    • 既存の Oracle ODBC 接続を変更するには、システム データ ソースのリストから該当する接続を選択し、構成 をクリックします。

    • Oracle ODBC 接続を作成するには、追加 をクリックして Oracle クライアントを選択し、完了 をクリックします。

  3. データ ソース名 テキスト ボックスに、ODBC データ ソース名 (DSN) を入力します。

    たとえば、VMware vCenter Server と入力します。

  4. (オプション) : 説明 テキスト ボックスに、ODBC DSN の説明を入力します。
  5. TNS サービス名 テキスト ボックスに、接続先のデータベースのネット サービス名を入力します。

    たとえば、VPX_TNS と入力します。

    このネット サービス名は、Oracle データベースのインストール場所の NETWORK\ADMIN フォルダにある tnsnames.ora ファイルで先ほど構成したものです。

  6. ユーザー ID テキスト ボックスに、vCenter Server のデータベース ユーザー名を入力します。

    たとえば、VPXADMIN と入力します。

  7. テスト接続 をクリックします。
  8. パスワード テキスト ボックスに、データベース ユーザーのパスワードを入力してから、OK をクリックします。

    DNS を適切に設定してあれば、「接続に成功しました」というメッセージが表示されます。

  9. OK をクリックします。