ESXi バージョン 4.x のスクリプトを使用したインストールに詳しい場合は、スクリプトを使用した ESXi のインストールまたはアップグレードを実行する前に、ESXi 4.x と ESXi 5.x での、スクリプトを使用したインストールおよびアップグレード コマンドの違いについて確認してください。

ESXi 5.x では、インストール イメージがホストの起動時にホストの RAM に直接読み込まれるため、インストール メディアの場所をインストール スクリプトに含める必要がありません。

ESXi 5.x では、スクリプトを使用したインストールに加え、スクリプトを使用したアップグレードもサポートされます。

コマンドごとの違いを次に示します。

accepteula または vmaccepteula

ESXi でのみ使用します。

autopart

廃止され、installupgrade、または installorupgrade に置き換えられました。

auth または authconfig

ESXi 5.x ではサポートされません。

bootloader

ESXi 5.x ではサポートされません。

esxlocation

廃止され、ESXi では使用されません。

firewall

ESXi 5.x ではサポートされません。

firewallport

ESXi 5.x ではサポートされません。

installinstallorupgradeupgrade

これらのコマンドは、廃止された autopart コマンドに代わるものです。これらのコマンドのいずれかを使用してパーティショニングするディスクを指定し、part コマンドを使用して vmfs データストアを作成します。installorupgrade および upgradeESXi 5.x でサポートされるようになりました。

serialnum

ESXi 5.0.x では廃止されました。ESXi 5.1 ではサポートされます。

vmserialnum

ESXi 5.0.x では廃止されました。ESXi 5.1 ではサポートされます。

timezone

ESXi 5.x ではサポートされません。

virtualdisk

ESXi 5.x ではサポートされません。

zerombr

ESXi 5.x ではサポートされません。

%firstboot

--level オプションは ESXi 5.x ではサポートされません。

%packages

ESXi 5.x ではサポートされません。