対話形式のインストールでは、必要な情報の入力を求めるメッセージがシステムに表示されます。スクリプトによるインストールでは、この情報をインストール スクリプト内に指定する必要があります。

今後の使用に備えて、インストール中に使用した値を書き留めてください。ESXi を再インストールし、最初に選択した値を再入力する場合にこのメモが役立ちます。

表 1. ESXi のインストールに必要な情報

詳細情報

必須またはオプション

デフォルト

コメント

キーボード レイアウト

必須

米国英語

 

VLAN ID

オプション

なし

範囲: 0~4094

IP アドレス

オプション

DHCP

インストール中に DHCP でネットワークを構成できます。インストール後にネットワーク設定を変更できます。

サブネット マスク

オプション

IP アドレスに基づいて計算

ゲートウェイ

オプション

設定されている IP アドレスとサブネット マスクに基づく

プライマリ DNS

オプション

設定されている IP アドレスとサブネット マスクに基づく

セカンダリ DNS

オプション

なし

ホスト名

固定 IP アドレス設定の場合は必須

なし

vSphere Web Client はホスト名または IP アドレスのいずれかを使用して ESXi ホストにアクセスします。

インストール場所

必須

なし

コンポーネントを 1 つのディスクにインストールする場合は、5 GB 以上必要です。

ESX または ESXi の既存の設定を移行します。既存の VMFS データストアを維持します。

ESXi または ESX がすでにインストールされているドライブ上で、ESXi をインストールする場合に必要です。

なし

すでに、ESX/ESXi 4.x または ESXi 5.0 をインストールしていると、ESXi インストーラでは、インストール中に VMFS データストアを保持するか上書きするかを選択できます。

root パスワード

必須

なし

root パスワードは、8~40 文字である必要があります。パスワードの詳細については、『vSphere セキュリティ』ドキュメントを参照してください。