Auto Deploy でプロビジョニングされるホストには、通常、システム ログを保存するための十分なローカル ストレージがありません。これらのホストには、参照ホストを設定し、ホスト プロファイルを保存し、そのホスト プロファイルを必要に応じてほかのホストに適用することで、リモートの syslog サーバを指定できます。

始める前に

  • リモートの syslog ホストを使用する場合は、ホスト プロファイルをカスタマイズする前に対象のホストを設定します。

  • vCenter Server システムに接続できる vSphere Web Client にアクセスできることを確認します。

このタスクについて

vSphere Web Client または esxcli system syslog コマンドを使用して、参照ホスト上に syslog サーバを設定し、ホスト プロファイルを保存することがベスト プラクティスです。ホスト プロファイル インターフェイスから syslog を設定することもできます。

手順

  1. vSphere Web Client で、ルールおよびプロファイル をクリックして、ホスト プロファイル をクリックします。
  2. (オプション) : 環境内に参照ホストが存在しない場合、ホスト プロファイルの抽出 アイコンをクリックしてホスト プロファイルを作成します。
  3. 編集するホスト プロファイルを右クリックして、ホスト プロファイルの編集 を選択します。
  4. 名前と説明をそのままにして、次へ をクリックします。
  5. Click 詳細構成設定 をクリックし、詳細オプション フォルダをクリックして、詳細構成オプション をクリックします。

    ここから syslog 設定を指定できます。

  6. 以前に構成された syslog サーバがない ESXi 5.0 ホストを設定する場合は、詳細構成オプションを作成する必要があります。
    1. プラス記号をクリックします。
    2. オプション リストの先頭にある新規詳細構成オプションをクリックし、ドロップダウン メニューから 固定オプションを構成 を選択します。
    3. オプションに Syslog.global.loghost、値にホストを指定します。

    syslog が構成された ESXi 5.1 以降のホストまたは ESXi 5.0 ホストを構成する場合、Syslog.global.loghost は詳細オプションのリストにすでに表示されています。

  7. OK をクリックしてホスト プロファイルの設定を保存します。

次のタスク

  • 参照ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストにホスト プロファイルを適用するルールを記述します (ホスト プロファイルのホストへの割り当て を参照)。

  • Auto Deploy ですでにプロビジョニングされたホストについては、コンプライアンス テストおよび修復処理を実施して、新しいイメージ プロファイルでそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復 を参照してください。

  • プロビジョニングされていないホストを起動し、新しいイメージ プロファイルを使用してそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。