Auto Deploy ではじめに作業を行うには、Auto Deploy のしくみについて学び、Auto Deploy サーバをインストールし、PowerCLI をインストールし、ホストをプロビジョニングする PowerCLI ルールを記述し、ユーザーが指定するイメージ プロファイルでホストを起動するようにオンにする必要があります。イメージ プロファイル、ホスト プロファイル、および vCenter Server の場所のカスタマイズがサポートされています。

Windows 2008 システムで初めて Auto Deploy 環境を設定するために役立つ、順を追った練習については、Auto Deploy の概念実証設定 を参照してください。

このドキュメントで詳しく説明するいくつかの手順に従うことで、Auto Deploy を使用して環境内にホストを正しくプロビジョニングできます。

  1. Auto Deploy サーバをインストールします。

    Windows

    Auto Deploy サーバは、vCenter Server のインストール メディアに同梱されています。Auto Deploy サーバは、vCenter Server と同じシステム上にも、別のシステム上にもインストールできます。

    vCenter Server Appliance

    vCenter Server Appliance には、vCenter Server および Auto Deploy サーバが含まれます。vCenter Server Appliance 上の Auto Deploy サーバは、デフォルトで無効になっています。

    アプライアンス上での両方のサーバの使用、スタンドアロンの vCenter Server インストールとアプライアンス上の Auto Deploy との使用、またはスタンドアロンの Auto Deploy インストールと vCenter Server Appliance との使用が可能です。構成の情報は、Auto Deploy の VMware vCenter Server Appliance との使用 を参照してください。

    注:

    複数の Auto Deploy サーバを、1 つの vCenter Server システムと一緒に使用することはできません。

    ソフトウェアのインストール、DHCP サーバの設定、および TFTP 構成ファイルのダウンロードの情報については、システムの準備および Auto Deploy サーバのインストール を参照してください。

  2. Auto Deploy および Image Builder cmdlet を含んだ PowerCLI をインストールし、リモート署名を設定します。

    PowerCLI および前提となるソフトウェアのインストール およびAuto Deploy cmdlet の使用 を参照してください。

  3. ホストにデプロイする VIB を含むイメージ プロファイルを探します。

    • 多くの場合、必要なソフトウェアを含むデポを PowerCLI セッションに追加し、それらのデポのいずれかからイメージ プロファイルを選択します。

    • カスタムのイメージ プロファイルを作成する場合は、Image Builder cmdlet を使用して既存のイメージ プロファイルのクローンを作成し、そのクローンにカスタム VIB を追加します。カスタムのイメージ プロファイルを PowerCLI セッションに追加します。

    Image Builder をカスタマイズ用に使用するのは、VIB の追加または削除が必要な場合のみです。ほとんどの場合は、VMware がイメージ プロファイルをホストするデポを PowerCLI セッションに URL として追加できます。

  4. New-DeployRule PowerCLI cmdlet を使用して、1 つのホスト、パターンによって指定される複数のホスト、またはすべてのホストにイメージ プロファイルを割り当てるルールを記述します。

    New-DeployRule -Name "testrule" -Item image-profile -AllHosts

    イメージ プロファイルのホストへの割り当て を参照してください。

    注:

    Auto Deploy は、MAC アドレスと IP アドレスのマッピングが DHCP で固定されている (DHCP 予約とも呼ばれる) ホストのプロビジョニング用に最適化されています。固定 IP アドレスを使用する場合は、ホストのカスタマイズについてプロンプトを表示するためのホスト プロファイルを設定する必要があります。vSphere Web Client での固定 IP アドレスのホスト プロファイルの設定 を参照してください。

  5. ホストを起動し、指定されたイメージ プロファイルを使用して Auto Deploy がホストをプロビジョニングするようにします。

  6. プロビジョニングしたホストを、ホスト プロファイルの参照ホストとして設定します。

    参照ホストの syslog 設定、ファイアウォール設定、ストレージ、ネットワークなどを指定できます。Auto Deploy の参照ホストの設定 を参照してください。

  7. 参照ホストのホスト プロファイルを作成してエクスポートします。

    Host Profiles』 ドキュメントを参照してください。

  8. 複数のホストをプロビジョニングするには、Copy-DeployRule cmdlet を使用できます。

    イメージ プロファイル以外に、ホスト プロファイルとクラスタの場所も割り当てるように、ルールを変更します。

    Copy-DeployRule -DeployRule "testrule" -ReplaceItem my_host_profile_from_reference_host,my_targetcluster
    -ReplacePattern  "ipv4=192.XXX.1.10-192.XXX.1.20"

    my_host_profile_from_reference_host は、参照ホストのプロファイルの名前です。my_targetcluster は、ターゲット クラスタの名前です。

  9. プロビジョニングするホストを起動します。

    パターンで指定されたホストが vCenter Server システムによって現在管理されていない場合は、Auto Deploy はすでに格納されているイメージ プロファイルと指定されたホスト プロファイルを使用してそれらのホストをプロビジョニングし、ターゲット クラスタに追加します。

  10. プロビジョニングしたホストが、次の要件を満たしているか確認します。

    • 各ホストが vCenter Server システムに接続されている。

    • ホストがメンテナンス モードではない。

    • ホストにコンプライアンスのエラーがない。

    • ユーザー入力が必要なホスト プロファイルのある各ホストには、ホストのカスタマイズの最新情報があります。

    ホストのカスタマイズとコンプライアンスの問題に対処し、すべてのホストが要件を満たすまでホストを再起動します。

起動プロセスの概要、最初の起動と 2 回目以降の起動の違いの検討、およびホストのカスタマイズを使用した場合の概要については、vSphere Auto Deploy について を参照してください。