デポ、プロファイル、および VIB がどのような構造で、それらをどこで使用できるかについて理解することは、カスタムの ESXi ISO のメモリ内インストール、vSphere Auto Deploy による ESXi ホストのプロビジョニング、および一部のカスタム アップグレード操作を行うための前提条件です。

vSphere ドキュメント セット全体のインストール作業およびアップグレード作業の説明で、次の技術用語が使用されます。

VIB

VIB は、ESXi のソフトウェア パッケージです。VMware およびパートナーは、ESXi プラットフォームを拡張するためのソリューション、ドライバ、CIM プロバイダ、およびアプリケーションをパッケージ化します。VIB は、ソフトウェア デポで使用できます。VIB を使用すると、ISO イメージを作成およびカスタマイズしたり、VIB を非同期的にホストにインストールすることで ESXi ホストをアップグレードしたりできます。

SoftwarePackage オブジェクトのプロパティ を参照してください。

イメージ プロファイル

イメージ プロファイルは VIB で構成され、ESXi イメージを定義します。イメージ プロファイルには常に基本 VIB が含まれ、ほかの VIB が含まれる場合もあります。イメージ プロファイルは、Image Builder PowerCLI を使用して調査および定義します。

ImageProfile オブジェクトのプロパティ を参照してください。

ソフトウェア デポ

ソフトウェア デポは、VIB とイメージ プロファイルの集合体です。ソフトウェア デポはファイルとフォルダの階層であり、HTTP URL (オンラインのデポの場合) または ZIP ファイル (オフラインのデポの場合) を介して使用できます。VMware および VMware のパートナーがデポを提供します。大規模な VMware インストールを導入している企業では、内部にデポを作成して、ESXi ホストを vSphere Auto Deploy でプロビジョニングしたり、ESXi インストール用に ISO をエクスポートしたりする場合があります。