Image Builder PowerCLI cmdlet を使用すると、イメージ プロファイルおよび VIB を管理できます。

Image Builder PowerCLI には次の cmdlet が含まれます。

注:

Image Builder cmdlet を実行する場合は、cmdlet を起動するときにコマンド ラインですべてのパラメータを指定します。 対話モードでのパラメータの提供は推奨されません。

詳細な参照情報については、PowerCLI プロンプトで Get-Help cmdlet_name を実行します。

表 1. Image Builder Cmdlet

Cmdlet

説明

Add-EsxSoftwareDepot

指定された場所にあるソフトウェア デポまたは ZIP ファイルを現在の環境に追加します。 デポからメタデータをダウンロードし、VIB の依存関係を分析します。

Remove-EsxSoftwareDepot

指定されたソフトウェア デポとの接続を解除します。

Get-EsxSoftwareDepot

現在の環境に存在するソフトウェア デポのリストを戻します。 イメージ プロファイルと VIB を調べて管理する場合は、まず対応するソフトウェア デポを環境に追加する必要があります。

Get-EsxSoftwarePackage

ソフトウェア パッケージ オブジェクト (VIB) のリストを返します。 この cmdlet のオプションを使用して、結果をフィルタリングします。

Get-EsxImageProfile

現在追加されているすべてのデポから ImageProfile オブジェクトのアレイを返します。

New-EsxImageProfile

新しいイメージ プロファイルを作成します。 多くの場合は、既存のプロファイルのクローンを作成して新しいプロファイルを作成することが推奨されます。 イメージ プロファイルの作成 を参照してください。

Set-EsxImageProfile

ローカルの ImageProfile オブジェクトを変更して、変更されたプロファイルで検証テストを実行します。 この cmdlet は、変更されたオブジェクトを返しますが、維持はしません。

Export-EsxImageProfile

イメージ プロファイルを、ESXi のインストール用の ESXi ISO イメージまたは ZIP ファイルとしてエクスポートします。

Compare-EsxImageProfile

2 つのプロファイルの VIB リストと承認レベルが同じかどうかを示す、ImageProfileDiff の構造を返します。 承認レベル を参照してください。

Remove-EsxImageProfile

ソフトウェア デポからイメージ プロファイルを削除します。

Add-EsxSoftwarePackage

既存のイメージ プロファイルに 1 つ以上の新しいパッケージ (VIB) を追加します。

Remove-EsxSoftwarePackage

イメージ プロファイルから 1 つ以上のパッケージ (VIB) を削除します。