ホストのプロビジョニングに使用するイメージ プロファイルの指定は、PowerCLI を使用してルールを記述し、そのルールをアクティブなルールセットに追加することで行います。

始める前に

  • システムがインストール前チェックリストの要件を満たしていることを確認します。概念実証のインストール前チェックリスト を参照してください。

  • 事前の概念実証設定作業をすべて実施します。完全なリストについては、Auto Deploy の概念実証設定 を参照してください。

  • PowerCLI cmdlet を実行するシステムから ESXi ソフトウェアにアクセスできることを確認します。

このタスクについて

この作業では、Microsoft PowerShell および vSphere PowerCLI に関する基本的知識があることを想定しています。

手順

  1. vCenter Server が管理者権限でインストールされている Windows システムのコンソールに対し、直接または RDP を使用してログインします。

    この作業では、vCenter Server システムが実行中のシステム上に PowerCLI がインストールされていることを想定しています。

  2. PowerCLI ウィンドウを開き、ESXi イメージ プロファイルを一覧表示します。

    Get-EsxImageProfile

  3. 次の cmdlet の ESXi-5.1.0-XXXXX-standard の部分を、使用するイメージ プロファイルに置き換えて実行して、新しいルールを作成します。

    New-DeployRule -Name "InitialBootRule" -Item "Esxi-5.1.0-XXXXX-standard" -AllHosts

  4. アクティブなルールセットに新しいルールを追加して、そのルールを Auto Deploy サーバで使用できるようにします。

    Add-DeployRule -DeployRule "InitialBootRule"

次のタスク

ホストを起動して、Auto Deploy がそのホストをプロビジョニングしていることを確認し、ホストを vCenter Server インベントリに追加します。最初のホストのプロビジョニング を参照してください。