Auto Deploy のルール セットにルールを追加したり、1 つ以上のルールに変更を加える場合、ホストが自動的にアップデートされません。ユーザーがルールのコンプライアンスをテストし修復を行った場合にのみ、Auto Deploy は新しいルールを適用します。

始める前に

  • vSphere PowerCLI および前提となるすべてのソフトウェアをインストールします。

  • PowerCLI cmdlet の実行に問題が発生した場合は、実行ポリシーの変更を検討します。Auto Deploy cmdlet の使用 を参照してください。

このタスクについて

このタスクでは、Auto Deploy によってプロビジョニングされている ESXi ホストがインフラストラクチャに 1 つ以上含まれ、それらの ESXi ホストに vSphere PowerCLI をインストールしたホストからアクセスできることを想定しています。

手順

  1. PowerCLI を使用して、現在使用可能な Auto Deploy のルールを確認します。

    Get-DeployRule

    システムは、該当するルールと、それに関連する項目およびパターンを返します。

  2. 使用可能なルールの 1 つに変更を加えます (たとえば、イメージ プロファイルの変更やルール名の変更など)。

    Copy-DeployRule -DeployRule testrule -ReplaceItem MyNewProfile

    すでにルール セットに追加されているルールは編集できません。代わりに、ルールをコピーして、変更する項目またはパターンを置き換えます。デフォルトでは、PowerCLI はコピーの古い名前を使用し、古いルールは非表示になります。

  3. ルール セットのコンプライアンス テストを実施するホストにアクセスできることを確認します。

    Get-VMHost -Name MyEsxi42

  4. そのホストのルール セットのコンプライアンスをテストし、後で使用するために、戻り値を変数にバインドする cmdlet を実行します。

    $tr = Test-DeployRuleSetCompliance MyEsxi42

  5. ルール セットの内容と、現在ホストが使用している内容の違いを確認します。

    $tr.itemlist

    システムは、現在の項目と予想される項目の表を返します。

    CurrentItem                             ExpectedItem -----------                             ------------ My Profile 25                           MyProfileUpdate
    
  6. ホストの次の起動時に、変更されたルール セットを使用するように、ホストを修復します。

    Repair-DeployRuleSetCompliance $tr

次のタスク

変更したルールでインベントリの場所が指定されている場合、コンプライアンスの修復時に変更内容が即座に反映されます。それ以外のすべての変更内容は、ホストを起動することで、Auto Deploy によって新しいルールが適用され、ルール セットとホスト間のコンプライアンスが達成されます。