PXE 構成ファイルでは、ターゲットの ESXi ホストが起動して TFTP サーバに接続するときにそのホストに表示するメニューを定義します。ESXi インストーラを PXE 起動するには、PXE 構成ファイルが必要です。

TFTP サーバは、ネットワーク上で常に PXE クライアントをリッスンしています。PXE クライアントが PXE サービスを要求していることを検出すると、起動メニューが含まれているネットワーク パッケージをそのクライアントに送信します。

必要なファイル

PXE の構成ファイルには、次のファイルへのパスを含める必要があります。

  • mboot.c32 はブート ローダです。

  • boot.cfg はブート ローダ構成ファイルです。

boot.cfg ファイルについて を参照してください。

PXE 構成ファイルのファイル名

PXE 構成ファイルのファイル名には、次のいずれかのオプションを選択します。

  • 01-mac_address_of_target_ESXi_host。例: 01-23-45-67-89-0a-bc

  • ターゲット ESXi ホストの IP アドレスの 16 進表記。

  • デフォルト

初期起動ファイル pxelinux.0 または gpxelinux.0 が、PXE 構成ファイルのロードを試行します。ARP タイプ コード (イーサネットは 01) をプリフィックスとする、ターゲット ESXi ホストの MAC アドレスが試されます。これに失敗した場合は、ターゲット ESXi システムの IP アドレスの 16 進表記が試されます。最後に、default というファイルのロードが試されます。

PXE の構成ファイルの場所

ファイルを TFTP サーバの var/lib/tftpboot/pxelinux.cfg/ に保存します。

たとえば、このファイルは TFTP サーバの /tftpboot/pxelinux.cfg/01-00-21-5a-ce-40-f6 に保存できます。ターゲット ESXi ホストのネットワーク アダプタの MAC アドレスは 00-21-5a-ce-40-f6 です。