インストールする VIB またはイメージ プロファイルの許容レベルと一致するように、ホスト許容レベルを下げることができます。

始める前に

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。Getting Started with vSphere Command-Line Interfaces を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

このタスクについて

ホスト上の各 VIB の許容レベルは、少なくともホストの許容レベルと同じレベルである必要があります。たとえば、VMwareAccepted 許容レベルのホストに PartnerSupported 許容レベルの VIB をインストールすることはできません。最初に、ホストの許容レベルを下げる必要があります。

手順

  1. VIB またはイメージ プロファイルの許容レベルを取得します。

    オプション

    説明

    すべての VIB に関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources vib list --depot=depot_URL

    指定した VIB に関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources vib list --viburl=vib_URL

    すべてのイメージ プロファイルに関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources profile list --depot=depot_URL

    指定したイメージ プロファイルに関する情報をリストします。

    esxcli --server=server_name software sources profile get --depot=depot_URL --profile=profile_name

  2. ホストの許容レベルを取得します。

    esxcli --server=server_name software acceptance get

  3. VIB の許容レベルがホストの許容レベルより低い場合は、ホストの許容レベルを変更してください。

    esxcli --server=server_name software acceptance set --level=acceptance_level

    acceptance_level の値は、VMwareCertifiedVMwareAcceptedPartnerSupported、または CommunitySupported にすることができます。acceptance_level の値は大文字と小文字が区別されます。

    注:

    追加する VIB またはイメージ プロファイルの許容レベルよりホストの許容レベルのほうが高い場合、esxcli software vib または esxcli software profile ネームスペースで--force オプションを設定してコマンドを実行できます。--force オプションを使用すると、セットアップに矛盾が生じるため、警告が表示されます。この警告は、VIB をインストールしたとき、VIB を削除したとき、および矛盾する許容レベルを持つホスト上でその他の特定の実行を行ったときにも表示されます。