vSphere Auto Deploy の ESXi 機能を使用すると、大量の ESXi ホストを vCenter Server で効率的にプロビジョニングおよび再プロビジョニングすることができます。

Auto Deploy を使用してホストをプロビジョニングする場合、vCenter ServerESXi イメージをホストのメモリに直接読み込みます。Auto Deploy は、ホスト ディスクの ESXi 状態を保存しません。

vCenter Server は、ESXi のアップデートおよびパッチをイメージ プロファイルの形式でダウンロードできるようにします。オプションで、ホスト構成がホスト プロファイルの形式で提供されます。vSphere Web Client を使用してホスト プロファイルを作成できます。ESXi Image Builder CLI を使用すると、カスタム イメージ プロファイルを作成できます。vSphere ESXi Image Builder CLI の使用 およびvSphere ホスト プロファイル を参照してください。

Auto Deploy を使用してホストを最初にプロビジョニングするときに、ホストは PXE 起動し Auto Deploy サーバとの接続を確立します。このサーバは、イメージ プロファイルおよび任意のホスト プロファイルをホストにストリーミングします。イメージ プロファイルを使用して起動したホストは、Auto Deploy によって、適切な vCenter Server システムに割り当てられます。

ホストを再起動しても、Auto Deploy サーバは適切なイメージ プロファイルとホスト プロファイルを使用してホストのプロビジョニングを続行します。異なるイメージ プロファイルを使用してホストをプロビジョニングするには、イメージ プロファイルを指定するルールを変更し、コンプライアンスのテストと修復操作を行う必要があります。ルールに指定されたすべてのホストに変更内容を伝播するには、ルールを変更してテストと修復操作を実行します。複数のホストに変更を伝達できる機能により、Auto Deploy は効率的な方法で、大量のホストのプロビジョニングおよび再プロビジョニングを行うこと、マスターの ESXi イメージへのコンプライアンスを強化することもできます。

vSphere Auto Deploy について を参照してください。