vSphere Web Client により、vCenter Server システムに接続し、ブラウザを使用して vSphere デプロイを管理できます。

始める前に

  • vCenter Server のインストーラをダウンロードします。vCenter Server インストーラのダウンロード を参照してください。

  • システムがインターネットに接続できることを確認します。

  • システムが vSphere Web Client のソフトウェア要件を満たしていることを確認します。vSphere Web Client のソフトウェア要件 を参照してください。

  • vSphere 製品をインストールまたはアップグレードする前に、vSphere ネットワークのすべてのマシンの時計を同期します。vSphere ネットワーク上の時計の同期 を参照してください。

  • vCenter Single Sign-On をインストールするか、または現在のバージョンにアップグレードします。

  • vSphere Web Client と vCenter Server が同じ vCenter Single Sign-On サーバに登録されていることを確認し、vSphere Web Client が vCenter Server インベントリに確実にアクセスできるようにします。

  • vSphere Web Client のインストールまたはアンインストール前に、すべてのブラウザを閉じます。

  • ACSII 以外の文字を含んでいないユーザー名を使用して、ホスト マシンに管理者グループのメンバーとしてログインします。

このタスクについて

以前のバージョンの vSphere Web Client がインストールされている場合、この手順では vSphere Web Client をアップグレードします。

注:

IP アドレスが IPv4 に準拠している場合のみ、vCenter Server 5.5 は vCenter Server と vCenter Server コンポーネント間の IP アドレスによる接続をサポートします。IPv6 環境で vCenter Server システムに接続するには、vCenter Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用する必要があります。ベスト プラクティスは、IP アドレス(DHCP によって割り当てられた場合に変わる可能性がある)の代わりに FQDN(すべてのケースで機能する)を使用することです。

手順

  1. ソフトウェアのインストール ディレクトリで autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  2. vSphere Web Client を選択し、インストール をクリックします。
  3. インストール ウィザードに表示される指示に従って、インストーラの言語を選択し、エンド ユーザー特許協約およびエンド ユーザー使用許諾契約に同意します。
  4. デフォルトのインストール先フォルダを受け入れるか、変更 をクリックして別の場所を選択します。

    インストール パスには、ASCII 以外の文字、コンマ (,)、ピリオド (.)、感嘆符 (!)、ナンバー記号 (#)、アット記号 (@)、パーセント記号 (%) のいずれの文字も含むことはできません。

    8.3 形式の名前作成がホスト マシンで無効にされている場合、vSphere Web Client を 8.3 形式の省略名を持たないディレクトリ、あるいは名前に空白を含むディレクトリにはインストールしないでください。この条件下では、vSphere Web Client がアクセス不能になります。

  5. デフォルトのポート設定を受け入れるか、または変更します。
  6. vCenter Single Sign-On に vSphere Web Client を登録するための情報を入力します。

    vCenter Single Sign-On 管理者ユーザー名は administrator@vsphere.local であり、パスワードは vCenter Single Sign-On のインストール時に管理者ユーザー用に入力したパスワードと同じにする必要があります。Lookup Service URL の形式は https://SSO_host_FQDN_or_IP:7444/lookupservice/sdk となっており、ここで 7444 は vCenter Single Sign-On HTTPS ポート番号のデフォルト値を表します。vCenter Single Sign-On のインストール時に入力したものと同じものを入力する必要があります。vCenter Single Sign-On のインストール時に別のポート番号を入力した場合は、そのポート番号を使用します。

  7. Intstall をクリックします。
  8. 次の操作のいずれかを行って、vSphere Web Client を起動します。
    • 初めて vSphere Web Client を開始する場合は、サポートされているブラウザを開き、https://vSphere_Web_Client_host_name_or_IP:9443/vsphere-client に移動します。

    • 次のセッションで、Windows のスタート メニューから プログラム > VMware > VMware vSphere Web Client > vSphere Web Client を選択して、vSphere Web Client を実行できます。

    注:

    vSphere Web Client のアップグレード後に初めてログインするとき、目的の場所に移動できませんでしたというエラー メッセージが表示される場合があります。このエラーは、アップグレード時に前のバージョンからの vSphere Web Client セッションが開いたままのときに発生することがあります。この場合は、ブラウザを更新し再度ログインしてください。

次のタスク

vSphere Web Client で、クライアント統合プラグインをインストールします。vSphere Web Client でのクライアント統合プラグインのインストール を参照してください。