DNS サーバの準備には、DHCP 情報の DNS サーバへの追加と、DNS エントリが機能していることの確認が含まれます。 このタスクは省略できます。

始める前に

事前の概念実証設定作業をすべて実施します。 完全なリストについては、Auto Deploy の概念実証設定 を参照してください。

このタスクについて

この例の環境では、DNS および DHCP とともに Active Directory を使用します。

手順

  1. DNS サーバにログインします。
  2. DHCP 予約の IP アドレスと関連するホスト名を、固定 DNS エントリとして追加します。

    これらのエントリは、必ず正引き (A レコード) および逆引き (PTR レコード) の両方のゾーンに追加してください。

  3. vCenter Server が管理者権限でインストールされている Windows システムのコンソールに対し、直接または RDP を使用してログインします。
  4. コマンド プロンプトを開いて ESXi ホストの nslookup を実行して、これらの DNS エントリが機能していることを確認します。

    正引き参照 (短縮名および FQDN) と逆引き参照の両方を使用します。

  5. DNS サーバからログアウトします。

次のタスク

Auto Deploy サーバ ソフトウェアをインストールします。 Auto Deploy サーバ ソフトウェアのインストール を参照してください。