デフォルトでは、vCenter Server アプライアンス上の Auto Deploy は、そのアプライアンス上で実行されている vCenter Server システムを使用するように事前構成されています。別の vCenter Server システムを使用するように Auto Deploy を設定することもできます。

始める前に

  • VMware vCenter Server Appliance をデプロイします。

  • Auto Deploy で使用するため、vCenter Server システムをインストールします。

手順

  1. vCenter Server アプライアンスで Auto Deploy が実行中である場合は、Linux のコマンド プロンプトから、組み込みの Auto Deploy サーバを停止し、Auto Deploy を登録解除します。
    service vmware-rbd-watchdog stop
    autodeploy-register --unregister -a localhost -l

    アプライアンスに対して Auto Deploy を開始していない場合、この手順は必要ありません。

    デフォルトでは、Auto Deploy デーモンは実行されていません。

  2. 次の手順は、登録時に vCenter Server サムプリントを確認するかどうかによって異なります。
    • 登録の一部として以前に作成したサムプリントを登録して渡します。

      autodeploy-register --register -a vcenter-ip -u username -w password -R -T thumbprint

    • サムプリントを使用せずに登録します。

      autodeploy-register --register -a vcenter-ip -u username -w password -R

  3. Auto Deploy デーモンを再起動します。
    service vmware-rbd-watchdog restart