このセクションは、Auto Deploy の複数のベスト プラクティスを説明し、ネットワークの設定方法、vSphere HA の構成方法、およびその他の Auto Deploy 向け環境の最適化方法の理解の一助となります。追加のベスト プラクティスの情報は、当社のナレッジ ベースを参照してください。

Auto Deploy および vSphere HA のベスト プラクティス

ベスト プラクティスに従うと、Auto Deploy でプロビジョニングされるホスト上で実行されている仮想マシンの可用性を向上することができます。

一部の環境では、Auto Deploy でプロビジョニングされるホストを Distributed Switch で構成したり、ホスト上で実行している仮想マシンを Auto Start Manager で構成します。これらの環境では、vCenter Server システムの可用性と Auto Deploy サーバの可用性が一致するように、vCenter Server システムをデプロイします。これを実現する手法はいくつかあります。

  • 概念実証の環境では、vCenter Server システムと Auto Deploy サーバを同じシステムにデプロイします。その他すべての場合は、2 つのサーバを別のシステムにインストールします。

  • vCenter Server Heartbeat をデプロイします。

    VMware vCenter Server Heartbeat は、アプリケーション、構成、オペレーティング システム、またはハードウェアに関連する障害から仮想インフラストラクチャおよびクラウド インフラストラクチャを保護して、vCenter Server の高可用性を実現します。

  • 仮想マシンに vCenter Server システムをデプロイします。vSphere HA が有効化されたクラスタ内の vCenter Server 仮想マシンを実行し、vSphere HA の再起動の優先順位を高くするようにその仮想マシンを構成します。Auto Deploy で管理されていないクラスタ内のホストを 2 つ以上含め、ルールを使用して、これらのホストに vCenter Server 仮想マシンを固定します(vSphere HA DRS を必要とする仮想マシンをホストに固定するルール)。クラスタ内で DRS を使用しない場合は、ルールを設定したあとで DRS を無効にすることができます。Auto Deploy によって管理されていないホストの数が多いほど、ホストのエラーに対する回復力は増します。

    注:

    vSphere HA が有効化されたクラスタでは Auto Start Manager がサポートされていないため、Auto Start Manager を使用している場合、この方法は適していません。

Auto Deploy のネットワーク設定のベスト プラクティス

Auto Deploy のネットワーク設定のベスト プラクティスに従って、ネットワーク設定の問題を防いでください。

Auto Deploy および IPv6

Auto Deploy は iPXE インフラストラクチャを利用するので、各ホストに IPv4 アドレスを設定している必要があります。各ホストに IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方を設定している混合モードでデプロイされたホストを使用できます。

IP アドレスの割り当て

アドレスの割り当てには、DHCP 予約を使用することが推奨されます。固定 IP アドレスはホストのカスタマイズ メカニズムでサポートされていますが、ホストごとに入力するのは推奨されません。

VLAN の考慮事項

VLAN を使用していない環境で Auto Deploy を使用することが推奨されます。

VLAN を使用する環境で Auto Deploy を使用する場合は、プロビジョニング対象のホストが DHCP サーバに到達できることを確認する必要があります。ホストがどのように VLAN に割り当てられるかは、サイトの設定に依存します。スイッチまたはルーターによって VLAN ID が割り当てられる場合や、ホストの BIOS やホスト プロファイル経由で VLAN ID を設定できる場合があります。ネットワーク管理者に問い合わせて、DHCP サーバへの到達をホストに許可する手順を確認します。

Auto Deploy および VMware Tools のベスト プラクティス

Auto Deploy を装備したホストをプロビジョニングする際に、VMware Tools を含むイメージ プロファイルを選択することも、VMware Tools を含まないイメージ プロファイルと関連付けられた小さいイメージを選択することもできます。

VMware ダウンロード サイトから 2 つのイメージ プロファイルをダウンロードできます。

  • xxxxx-standard:仮想マシン内で実行するゲスト OS で必要な VMware Tools バイナリを含むイメージ プロファイル。通常、このイメージには esxi-5.0.version-xxxxx-standard という名前が付けられます。

  • xxxxx-no-tools: VMware Tools バイナリを含まないイメージ プロファイル。通常、このイメージ プロファイルは小さく、メモリ オーバーヘッドが少ないため、PXE 起動環境で迅速に起動します。通常、このイメージには esxi- version-xxxxx-no-tools という名前が付けられます。

vSphere 5.0 Update 1 で起動すると、どちらのイメージでも ESXi をデプロイできます。

  • ネットワークの起動時間が長くても問題がなく、使用している環境に十分なメモリとストレージ オーバーヘッドがある場合は、VMware Tools を含むイメージを選択します。

  • 標準イメージを使用するとネットワークの起動に時間がかかりすぎる場合や、ホストの領域を節約したい場合は、xxxxx-no-tools イメージ プロファイルを使用して共有ストーレジに Tools のバイナリを保存します。

xxxxx-no-tools イメージ プロファイルを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. Auto Deploy でプロビジョニングされていない ESXi ホストを起動します。

  2. ESXi ホストから共有ストレージに /productLocker ディレクトリをコピーします。

  3. /productLocker ディレクトリを参照するように UserVars.ProductLockerLocation 変数を変更します。

    1. vSphere Web Client で参照ホストを選択し、管理 タブをクリックします。

    2. 設定 を選択し、システムの詳細設定 をクリックします。

    3. uservars でフィルタリングして UserVars.ProductLockerLocation を選択します。

    4. 鉛筆のアイコンをクリックし、共有ストレージを参照するように場所を編集します。

  4. 参照ホストからホスト プロファイルを作成します。

  5. xxxxx-no-tools イメージ プロファイルとホスト プロファイルを参照ホストから他のすべてのホストに割り当てる Auto Deploy ルールを作成します。

  6. このルールを割り当てたターゲット ホストを起動すると、参照ホストから製品ロッカーの場所が取得されます。

Auto Deploy の負荷管理のベスト プラクティス

多数のホストを同時に起動すると、Auto Deploy サーバに大きな負荷がかかります。Auto Deploy は根本的には Web サーバであるため、Web サーバの既存のスケーリング技術を負荷の分散に役立てることができます。たとえば、キャッシュとして作用する 1 つ以上のリバース プロキシ サーバを Auto Deploy と連携させることができます。リバース プロキシは、ESXi の起動イメージの大半を占める静的ファイルを処理します。静的な内容をキャッシュし、すべての要求を Auto Deploy サーバに渡すようにリバース プロキシを構成します。VMware の技術ドキュメントのビデオ 「Auto Deploy 用のリバース Web プロキシ サーバの使用」 を参照してください。

複数の TFTP サーバ (リバース プロキシ サーバごとに 1 つずつ)を使用して、リバース プロキシでなく起動するようにホストを構成します。最後に、異なるホストを異なる TFTP サーバに送信するように DHCP サーバを設定します。

ホストを起動すると、DHCP サーバはそれらのホストを異なる TFTP サーバに送信します。各 TFTP サーバは、Auto Deploy サーバまたはリバース プロキシ サーバのいずれかの異なるサーバにホストを送信するため、Auto Deploy サーバの負荷が大幅に軽減されます。

大規模な停電が発生した後では、クラスタ単位でホストを起動することをお勧めします。複数のクラスタを同時に起動すると、Auto Deploy サーバで CPU のボトルネックが発生する可能性があります。すべてのホストが起動するのに時間がかかる場合があります。リバース プロキシを設定している場合、ボトルネックは比較的軽度です。

vSphere Auto Deploy のログ機能およびトラブルシューティングのベスト プラクティス

vSphere Auto Deploy で発生する問題を解決するためには、Auto Deploy のログ機能の情報を vSphere Web Client から使用し、ログ情報とコア ダンプをリモート ホストに送信するように環境を設定します。

Auto Deploy ログ

  1. Auto Deploy が登録された vCenter Server システムに接続した vSphere Web Client で、インベントリ リストに移動して vCenter Server システムを選択します。

  2. [管理] タブをクリックして 設定 を選択し、Auto Deploy をクリックします。

  3. ログのダウンロード をクリックしてログ ファイルをダウンロードします。

    [Auto Deploy 設定] ペインでは、TFTP 起動 ZIP ファイルと AutoDeploy ログ ファイルをダウンロードできます。

Syslog の設定

リモートの Syslog サーバを設定します。Syslog サーバの構成の詳細については、『vCenter Server およびホスト管理』 ドキュメントを参照してください。リモートの syslog サーバを使用するために起動する最初のホストを構成し、そのホストのホスト プロファイルをその他のすべてのデプロイ先ホストに適用します。必要であれば、vSphere Syslog Collector をインストールして使用します。これは vCenter Server サポート ツールであり、システム ログの記録のための統合アーキテクチャを提供し、ネットワーク ログと、複数のホストからのログの結合を有効にします。

ESXi Dump Collector の設定

Auto Deploy でプロビジョニングされるホストには、コア ダンプを保存するためのローカル ディスクがありません。ESXi Dump Collector をインストールし、すべてのコア ダンプが ESXi Dump Collector に向けられるように最初のホストを設定して、そのホストのホスト プロファイルをその他すべてのホストに適用します。ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成 を参照してください。

本番環境での Auto Deploy の使用

概念実証設定から本番環境に移行する場合は、環境の回復力を高めるように注意します。