インストール スクリプトまたはアップグレード スクリプトを起動するには、ESXi インストーラの起動コマンド ラインで起動コマンド ライン オプションを入力します。

このタスクについて

起動時に、キックスタート ファイルへのアクセス オプションの指定が必要な場合があります。起動オプションは、ブート ローダで Shift + O を押すことで入力できます。PXE 起動のインストールの場合は、boot.cfg ファイルの kernelopts 行を使用してオプションを渡すことができます。boot.cfg ファイルについて およびESXi インストーラの PXE 起動 を参照してください。

インストール スクリプトの場所を指定するために ks=... オプションが必要です。このオプションを使用しないと、スクリプトを使用したインストールまたはアップグレードが開始しません。ks=... を省略すると、テキスト インストーラが実行されます。

サポートされている起動オプションは 起動オプション に記載されています。

手順

  1. ホストを起動します。
  2. ESXi インストーラのウィンドウが表示されたら、Shift + O を押して起動オプションを編集します。

    ESXi インストーラの画面

  3. runweasel コマンド プロンプトで、ks=location of installation script plus boot command line options と入力します。

起動オプション

次の起動オプションを入力します。

ks=http://00.00.00.00/kickstart/ks-osdc-pdp101.cfg nameserver=00.00.0.0 ip=00.00.00.000 netmask=255.255.255.0 gateway=00.00.00.000