vSphere では、vSphere Web Client、vCLI、またはホスト プロファイルを使用して参照ホストを構成できます。

参照ホストを設定するために、最も適した方法を使用することができます。

vSphere Web Client

vSphere Web Client は、ネットワーク、ストレージ、セキュリティ、およびその他の ESXi ホストのほとんどの要素の設定をサポートします。環境を設定し、Auto Deploy で使用するためのホスト プロファイルを参照ホストで作成できます。

vSphere コマンドライン インターフェイス

vCLI コマンドは、ホストの多くの要素の設定に使用できます。vCLI は、vSphere 環境の多くのサービスの構成に適しています。コマンドには、vicfg-ntp (NTP サーバの設定)、esxcli system syslog (syslog サーバの設定)、および esxcli network route (ルートの追加とデフォルト ルートの設定) が含まれます。ESXCLI を使用した、ESXi Dump Collector の構成 を参照してください。

ホスト プロファイル インターフェイス

ベスト プラクティスは、vSphere Web Client、vSphere Web Client、または vCLI でホストを設定し、そのホストでホスト プロファイルを作成することです。代わりに、vSphere Web Client でホスト プロファイル インターフェイスを使用してホスト プロファイルを保存することもできます。vSphere Web Client での Auto Deploy の参照ホスト用のホスト プロファイルの構成 を参照してください。