vCenter Server インストーラは、インストール中にスキーマを作成します。熟練したデータベース管理者で、環境に制約があるため、より制御されたスキーマが必要な場合は、任意でスクリプトを使用してデータベース スキーマを作成できます。

手順

  1. vCenter Server データベースに対するスキーマ所有者権限を持つユーザーとして、SQL*Plus ウィンドウを開きます。
  2. vCenter Server のインストール パッケージの /installation directory/vCenter-Server/dbschema ディレクトリで、dbschema スクリプトを探します。
  3. SQL*Plus で、データベースに対して次のスクリプトを順番に実行します。
    1. VCDB_oracle.SQL

    2. VCDB_views_oracle.SQL

    3. insert_stats_proc_oracle.sql

    4. load_stats_proc_oracle.sql

    5. purge_stat2_proc_oracle.sql

    6. purge_stat3_proc_oracle.sql

    7. purge_usage_stats_proc_oracle.sql

    8. stats_rollup1_proc_oracle.sql

    9. stats_rollup2_proc_oracle.sql

    10. stats_rollup3_proc_oracle.sql

    11. cleanup_events_oracle.sql

    12. delete_stats_proc_oracle.sql

    13. load_usage_stats_proc_oracle.sql

    14. TopN_DB_oracle.sql

    15. calc_topn1_proc_oracle.sql

    16. calc_topn2_proc_oracle.sql

    17. calc_topn3_proc_oracle.sql

    18. calc_topn4_proc_oracle.sql

    19. clear_topn1_proc_oracle.sql

    20. clear_topn2_proc_oracle.sql

    21. clear_topn3_proc_oracle.sql

    22. clear_topn4_proc_oracle.sql

    23. rule_topn1_proc_oracle.sql

    24. rule_topn2_proc_oracle.sql

    25. rule_topn3_proc_oracle.sql

    26. rule_topn4_proc_oracle.sql

    27. process_license_snapshot_oracle.sql

    28. l_purge_stat2_proc_oracle.sql

    29. l_purge_stat3_proc_oracle.sql

    30. l_stats_rollup1_proc_oracle.sql

    31. l_stats_rollup2_proc_oracle.sql

    32. l_stats_rollup3_proc_oracle.sql

  4. (オプション) : さらに、データベースの健全性の監視を有効にするため、次のスクリプトを実行できます。
    1. job_dbm_performance_data_oracle.sql

    2. process_performance_data_oracle.sql

  5. Oracle Server のすべてのサポート対象エディションに対して次のスクリプトを実行し、データベースにスケジュールされたジョブを設定します。
    1. job_schedule1_oracle.sql

    2. job_schedule2_oracle.sql

    3. job_schedule3_oracle.sql

    4. job_cleanup_events_oracle.sql

    5. job_topn_past_day_oracle.sql

    6. job_topn_past_week_oracle.sql

    7. job_topn_past_month_oracle.sql

    8. job_topn_past_year_oracle.sql

タスクの結果

vCenter Server テーブルは手動で作成しておきます。

注:

vCenter Server のインストール中にデータベースの再初期化に関する警告メッセージが表示された場合は、上書きせず、既存のデータベースを残します を選択し、インストールを続行します。