vSphere は、インストールおよび設定する複数のコンポーネントを備えた高機能な製品です。vSphere を正しくデプロイするために、必要となる一連のタスクについて理解します。

注:

この概要は、vCenter Server Appliance には適用されません。vCenter Server Appliance をデプロイするには、VMware vCenter Server アプライアンスのダウンロードおよびデプロイ を参照してください。

次の図は、vCenter Server コンポーネントのインストールの順序を示しています。

vSphere のインストールには、次のタスクが含まれています。

  1. vSphere リリース ノートを参照します。

  2. システムが vSphere のハードウェア要件およびソフトウェア要件を満たしていることを確認します。システム要件 を参照してください。

  3. vCenter Server をインストールします。

    1. vCenter Server データベースを設定します。vCenter Server データベースの準備 を参照してください。

      注:

      小規模なインストール (ホスト 5 台以下、仮想マシン 50 個以下) の場合、vCenter Server のインストール中に vCenter Server インストーラで作成できる、バンドルされている Microsoft SQL Server 2008 Express データベースを使用できます。

    2. vCenter Server をインストールする前に のトピックを確認してください。

    3. トピック vCenter Single Sign-On、Inventory Service、vCenter Server、vSphere Web Client のインストールまたはアップグレードに必要な情報 を使用して、インストールに必要な情報が含まれるワークシートを作成します。

    4. vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、Inventory Service、vCenter Server、および必要に応じて他の vCenter Server サポート ツールをインストールします。vSphere Web Client から vCenter Server に接続します。vCenter Server のインストール およびvCenter Server のインストール後 を参照してください。

    5. リンク モード グループを作成するか、リンク モード グループに vCenter Server を参加させます。vCenter Server のリンク モード グループの作成 を参照してください。

  4. ESXi をインストールします。

    1. ESXi をインストールする前に のトピックを確認してください。

    2. 使用する ESXi のインストール オプションを決めます。ESXi のインストール オプション を参照してください。

    3. ESXi インストーラを配置および起動する場所を決めます。ESXi インストーラを起動するためのメディア オプション を参照してください。インストーラを PXE 起動する場合は、ネットワークの PXE インフラストラクチャが正しく設定されていることを確認します。ESXi インストーラの PXE 起動 を参照してください。

    4. トピック ESXi のインストールに必要な情報 を使用して、ESXi のインストールに必要な情報が含まれるワークシートを作成します。

    5. 選択したインストール オプションを使用して、ESXi をインストールします。

  5. ESXi の起動設定およびネットワーク設定、ダイレクト コンソール、およびその他の設定を構成します。ESXi の設定 およびESXi のインストールおよび設定後 を参照してください。

  6. ログ ファイルに十分なディスク ストレージを確保するため、リモート ログ機能用の syslog サーバの設定を検討します。リモート ホスト上のログ機能を設定することは、ローカル ストレージが不十分なホストで特に重要です。任意で、vSphere Syslog Collector をインストールして、すべてのホストからログを収集することができます。システム ログ用の十分な空き領域の提供ESXi ホストでの Syslog の構成、および vSphere Syslog Collector のインストールまたはアップグレード を参照してください。