カスタム インストールを使用して、vCenter Single Sign-On、vCenter Inventory Service、および vCenter Server を別々にインストールして、それらのコンポーネントの場所および構成をカスタマイズできます。

始める前に

このタスクについて

これらの指示に従って vCenter Inventory Service のみをインストールします。Inventory Service と vCenter Server をインストールする前に、vCenter Single Sign-On をインストールする必要があります。ほとんどのデプロイでは、vCenter Server のSimple Install オプションを使用して、単一のホスト マシンに、vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、Inventory Service、および vCenter Server を一緒にインストールできます。vCenter Single Sign-On のデプロイ モード およびSimple Install を使用して vCenter Single Sign-On、vSphere Web Client、vCenter Inventory Service、vCenter Server をインストール を参照してください。

注:

IP アドレスが IPv4 に準拠している場合のみ、vCenter Server 5.5 は vCenter Server と vCenter Server コンポーネント間の IP アドレスによる接続をサポートします。IPv6 環境で vCenter Server システムに接続するには、vCenter Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) またはホスト名を使用する必要があります。ベスト プラクティスは、IP アドレス(DHCP によって割り当てられた場合に変わる可能性がある)の代わりに FQDN(すべてのケースで機能する)を使用することです。

手順

  1. ソフトウェアのインストール ディレクトリで autorun.exe ファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動します。
  2. vCenter Inventory Service を選択して、インストール をクリックします。
  3. インストール ウィザードに表示される指示に従って、インストーラの言語を選択し、エンド ユーザー特許協約およびエンド ユーザー使用許諾契約に同意します。
  4. デフォルトのインストール フォルダを承諾または変更します。

    インストール パスには、ASCII 以外の文字、コンマ (,)、ピリオド (.)、感嘆符 (!)、ナンバー記号 (#)、アット記号 (@)、パーセント記号 (%) のいずれの文字も含むことはできません。

  5. Inventory Service ホスト マシンの完全修飾ドメイン名を入力します。
  6. Inventory Service の既存インスタンスをアップグレードまたは再インストールする場合は、既存のデータベースを残すか、新しい空のデータベースで置き換えるかを選択します。
  7. Inventory Service のポート番号のデフォルト値を承諾または変更します。
  8. vCenter Server で使用されるいくつかの Java サービス用にメモリを割り当てるため、vCenter Server インベントリのサイズを選択します。

    この設定により、VMware VirtualCenter Management Webservices (Tomcat)、インベントリ サービス、および Profile-Driven Storage サービス用の最大 JVM ヒープ設定が決まります。使用環境内のホスト数が変更された場合は、インストール後にこの設定を調整できます。「vCenter Server のハードウェア要件」のトピックにある推奨事項を参照してください。

  9. vCenter Single Sign-On に Inventory Service を登録するための情報を入力します。

    vCenter Single Sign-On 管理者ユーザー名は administrator@vsphere.local であり、パスワードは vCenter Single Sign-On のインストール時に入力したものと同じである必要があります。Lookup Service URL の形式は https://SSO_host_FQDN_or_IP:7444/lookupservice/sdk となっており、ここで 7444 は vCenter Single Sign-On HTTPS ポート番号のデフォルト値を表します。vCenter Single Sign-On のインストール時に入力したものと同じものを入力する必要があります。vCenter Single Sign-On のインストール時に別のポート番号を入力した場合は、そのポート番号を使用します。

    注:

    vCenter Single Sign-On を vCenter Server Appliance にインストールした場合は、Single Sign-On 管理者ユーザーに root@localos を使用することもできます。この場合、パスワードは vCenter Server Appliance の root パスワードとなります。Lookup Service URL の形式は https://vCenter_Appliance_IP_or_host_name:{7444}/lookupservice/sdk となります。

  10. 証明書のインストール をクリックします。
  11. インストール をクリックします。

タスクの結果

Inventory Service がインストールされます。